会食に使える銀座のお店で、かつ、ミシュラン1つ星の「ぎんざ 一二岐(いぶき)」

婚約での両家の顔合わせ食事会ということで、
自分たちとお互いの両親なので、人数は計6名、
6名対応の個室があって
立地もよくて、そこそこリッチなお店、
そんな条件のレストランを探した際に、
なかなか見つかりませんでした。

特に、6名の個室というのがネックになりました。
いいなぁと思ったレストランでも、
個室が4名対応のみというところが多かったんです。

そんな中見つけた、
6名対応の個室があって、
場所は銀座(最寄駅は東銀座駅)で、
ミシュランガイドで星を獲っている、
バッチリ使える和食のお店を紹介します。

「ぎんざ 一二岐」
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13115557/

ibuki01
雑居ビルの地下一階に入っているので、
エントランスから風情があるという要望だけは満たしてくれません。
が、
そこ以外はホントに大満足のお店です。

ibuki02

土曜のランチタイムに利用しました。
(日曜は休業日です。)
ランチタイムの、コースの中では5000円が一番安いミニ懐石というもので、
それをいただきました。
緊張感もありつつ、トークがメインなので、
5000円のコースでも、満腹になれました。

かつおのわら焼きがお店の逸品のようで。
ibuki05
塩で食べるのですが、全く臭みは無くて、
納得のおいしさでした。

椀ものの器が、
蓋に東海道五十三次の絵が描かれていて、
ibuki04
これが6人とも違う絵になっているわけです。
これは、“こっちは大磯だ”“こっちは藤沢よ”と盛り上がれて、
ナイスでした。
中は、金目鯛と舞茸の汁でした。

コースは、
ごま豆腐の揚げ出しからスタート。
ibuki03
この日は、お酒は日本酒を飲みました。

次に、上述の汁椀と鰹の藁焼きが続いて、
その後に、柳葉魚のフライです。
ibuki06
これがイチバンのツボでした。
身が大きくて、マヨネーズみたいなソースがこれまたおいしくて。

ご飯の前の最後の料理は、聖護院大根の蟹あんかけ。
ibuki07

ラストは、山形“つや姫”新米の土鍋ごはん。
ibuki08
ちりめん山椒や香の物といった、小ワザがさすが。

最後、おこげを作ってくれて。
ibuki09

〆の甘味は、くるみ入りわらび餅でした。
ibuki10

いやぁ~、大満足でした。

銀座で、6名個室の、ランチ会食、
みなさんもぜひ使ってください!

「ぎんざ一二岐」公式ホームページ
http://www.ginza-ibuki.com/

ベアードビール、メルボルンへ!

東京の中目黒と原宿、横浜の馬車道に「タップルーム」(レストラン)を営業している
ニッポンのクラフトビールメーカー『ベアードビール』

このメーカー、静岡県の修善寺に工場があって、
土日に工場見学ができます。
今年のお盆休み、見学日程が平日にも増えていたので・・・、


見学してきました。

写真 2015-08-13 14 29 07

見学では、ビールの製造工程を説明してもらったのですが、
詳細を忘れてしまったというのもあって(笑)、
写真のみ紹介しつつ、
印象に残ったところを紹介します。

写真 2015-08-13 12 57 02
原料の大麦麦芽。
様々な種類が。組み合わせが色・フレーバー・味の違いに。
写真 2015-08-13 12 58 17

写真 2015-08-13 12 35 25
原料のホップ。
押し固めたチップを使っているメーカーが多いが、
収穫した状態のままのホップを使うことにこだわっているとのこと。

写真 2015-08-13 12 33 37
麦芽を粉砕する機会

写真 2015-08-13 12 37 37
糖分がアルコールに変わるので、度数の高い銘柄には砂糖も混ぜるとのこと。

写真 2015-08-13 12 39 36
麦汁を煮出す釜
写真 2015-08-13 12 41 34

写真 2015-08-13 12 43 07
発酵前、麦汁の糖度を計る機械

写真 2015-08-13 12 43 48
発酵タンク

写真 2015-08-13 12 50 28
アルミ樽を洗浄して、できあがったビールを詰める機械

写真 2015-08-13 12 51 13
瓶詰めにする際の機械

写真 2015-08-13 12 51 38
瓶ビールの出荷ケース

写真 2015-08-13 12 54 08
水色の方はプラスチックの樽で、海外出荷用。(リターナブルではないので。)

ベアードの季節限定のフルーツフレーバーのビールが大好きなのですが、
“果実の下準備は、機械できないので、みんなで手作業でしている”と、
絞り器を見せてくれたり。

“材料まで全て国産のビールを作りたい”と、
“敷地内の庭で今年はホップを育てました”とか。

案内してくれた方の表情が印象的だったんですが、
好きで情熱を持ってビールを作っているんだなぁ、
と感じられました。

そして、最後に、
“ベアードビールのタップルームが、年内にメルボルンに出店する予定です”とのコメントが。
おぉっ!世界のベアードに!

写真 2015-08-13 13 07 58
奥もベアードビールの敷地で、
ホップが育っている畑も見えました。
飲んだのは、日本物語エール<梅のフルーツビール>です。

工場の建物は、1・2階が工場部分で、
3階が、ガラス張りで工場部分が見下ろせるようになっていて、
そこにタップルームがあります。
ここは、工場ゆえ料理を提供していない(ナッツ程度はある)ので、
食べ物が持ち込み自由というのも、これまた一興なんです。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺 – 修善寺/ビアバー [食べログ]

修善寺駅と三島駅のあいだは伊豆急行線で、
三島駅から東海道線で1駅の沼津駅、
沼津駅からバスで沼津港に行くと、
そこには、ベアードビールの「沼津タップルーム」が。

沼津フィッシュマーケットタップルーム (Numazu Fishmarket Taproom) – 沼津/ビアバー [食べログ]

写真 2015-08-13 18 50 53

今はレストランだけですが、
昔ここで醸造していたそうです。
「タップルーム」、店舗ごとにウリの料理が違うのですが、
ココでは、サバサンドを!

写真 2015-08-13 19 06 57

衝撃のうまさでした!
これを食べにわざわざここまで来る価値アリです!

みなさんも、『ベアードビール』、ぜひぜひ!

学芸大学の焼鳥屋「トリオキ」と、東京デート系焼鳥屋3選

先週末、
学大の焼き鳥屋を開拓しようと、
<食べログ>で学芸大学駅1位の「鳥おき」に電話したら、“満席です”と。
でも“2号店もあるので、もしよかったらそちらに電話をかけていただければ”と。
電話してみると、
ちょうど席が空いたとのことで、道を聞いて行ってみると、
初回はGoogleMapを見ないとたどり着けないような、飲食店が並んでいる通りではないところの、ビルの半地下にありました。
つまり、お忍び感がありました。

【1】
「トリオキ」
文字を変えて系列店というわけでした。


トリオキ | raybeams

[食べログ]トリオキ – 学芸大学/焼鳥

焼鳥をワインで楽しむのをウリにしているお店でした。

oki1

oki2]

oki3

好物の、希少部位“ちょうちん”もあって。

oki4

おいしくて、
上品系焼鳥のお気に入り店になりました。

ここに行って、
“あっ、デート向きだなぁ”と思って、
こんな焼鳥屋でもアッパー系のお店が、頭のデータベースにいくつか浮かんだので、
まとめてみます。

共通店は・・・
・カウンター席がメインで、カウンターから焼き台が見える。カウンターも小洒落た具合。
・メニューに希少部位がある。
・お酒にこだわりがある。
・立地的に、駅から遠かったり分かりづらかったりして、それも雰囲気の演出になっている。
・・・といった感じです。

【2】
「とり茶太郎」


[食べログ]とり茶太郎 – 渋谷/焼鳥

以前に当ブログでも紹介しています。

chata04
渋谷、デート焼鳥な店「とり茶太郎」|酒とつまみ

ここは、日本酒のラインナップが豊富です。

chata02

【3】
「酉玉」神楽坂店


[食べログ]白金 酉玉 神楽坂店 (とりたま) – 牛込神楽坂/焼鳥

ここは“7/10/12本コース”というメニューがあって、
オススメがお得に食べれるのでありがたいです。
お酒は、焼酎なども、バランスよく豊富なラインナップです。
ここにも、大好きな“ちょうちん”があります。

441946719

どれも穴場的な場所にあるので、
そこに行くまでもデート感の演出になると思います。

学芸大学、始めました!

2015年6月12日に、学芸大学駅に引っ越してきました。
西口のほう、住所的には世田谷区です。

半月以上経ちましたが、
部屋の片づけもままならない状況で、
飲食店もまだほとんど開拓できてませんが、
取り急ぎ・・・

これまで外で食事したうちの3店舗をご紹介します。

1.「魚謙」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13132835/
駅舎の西口を出た線路沿いを北に進み、突き当りの車道路を渡って左に進んだスグのところに。

魚料理がウリの居酒屋。
カウンターだけ、8席ほど、という小箱感がイイです。

uoken

写真 2015-06-26 20 37 52

写真 2015-06-26 20 50 02

釜飯もおしいそうだったので、
次回は食べてみたいなぁと。

2.「416GRILLING」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13179125/
西口商店街を突き当りまで進み駒沢通りまで出たら、右に曲がってしばらく進んだところに。

2015年の1月にオープンしたばかりのお店だそうです。
ランチに訪問しました。
夜は(メインは)グリル料理のお店で、
その流れで、ランチはハンバーガーなどのメニューが。

416gri

内装が凝ってて、雰囲気グーでした。
夜にまた来たいなぁと。

3.「びぎ屋」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13093976/
東口商店街をずっと進んで、商店街の終わりの少し手前に。

ミシュランガイド2015のラーメン部門に掲載されているラーメン屋です。

bigiya

うん、たしかにミシュランだけあって、だしがとても効いたスープで、麺との相性もバッチリで。
定期的に通いたいなぁと。

どこもハズレなしなので、
スゴイなぁと感動しています!

みなさんも、ぜひ、学大へ~!

モトスミ歴11年の元住人が選ぶ「元住吉駅おすすめグルメ」10選!

2004年3月に、元住吉に引っ越してきました。
最初、オズ通り商店街の方に、4年住んで、
元住吉の中で引っ越し。
次は、ブレーメン通り商店街の方に、7年住んで、
2015年6月に、元住吉を離れます。

モトスミは、もはや、第2の故郷といっても過言ではなく、
涙ちょちょ切れもんで引っ越しの準備をしています。
そして、
最後に、この記事を残します。

【1位】「ori ori(オリオリ)」

写真 2014-11-29 18 50 17

ひとことで言うと、魚系バル。
でも、
魚も、生もの系のメニューから、鉄板焼きのメニューまでアリ。
魚だけじゃなくて、肉系のメニューもアリ。
と、オールラウンダーで、
全部ハズレなしなんです。
中でも、カルパッチョは必食です!

927f13d1-9433-4b7e-91b5-edeb2f91f0e7

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14044657/

【2位】「やぶ久」

557805432

お酒を飲むための蕎麦屋です。
おつまみ系メニューが大充実!
かつ、
〆の蕎麦もうまい。
そして、
蕎麦メニューに“小さい”(サイズ)ラインナップがあるのが秀逸です。

339423255

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14015770/

【3位】「ピッツェリア ファッブリカ トクマル(1090)」

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

中目黒の名店「サヴォイ(現店名:聖林館)」で修業したオーナー。
ピッツァのメインメニューにあるマルゲリータとマリナーラは、
・・・まさに「サヴォイ」の流れを汲んでいて・・・
これが最高においしいです!
そして、
サラダをはじめとして肉料理など、ピッツァ以外のメニューもバツグンです。

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14039484/

【4位】「さかなの台所 オリエンタル」(西口店)

11377853_626475254154546_151616260_n

引っ越してきた時は、元住吉と言えばまだこの店しかありませんでした。
そして、今でも変わらない人気。
老舗という観点で言えばナンバー1です。
ここに来たら、マグロの七輪焼きはマストです!
本気の魚に大満足です。

11358148_1597299257206583_728184180_n

http://www.bremen-st.com/shops/02/shop079.html

【5位】「からふぇ」

tumblr_mxgnsl2vGc1retn05o1_540

ブレーメン通りを進んで、曲がってかなり奥に入った住宅街エリアにある隠れ家ダイニングです。
ご夫婦で切り盛りする店内はカウンター席のみ。
お通しからして本格的。
エッジのきいた日本酒と料理のラインナップ。
静かに語らいたい時にはピッタリです。

BwH7cZsIYAAFIFP

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14012443/

【6位】「Thao’s(タオズ) バインミー」

写真 2015-04-12 13 22 29

最新トレンドです。
2015年4月にオープンしたばかりの、バインミーのテイクアウトショップ。
神奈川県初のバインミー専門店だそうで。
券売機には、パクチー追加のメニューも。
アジアの香りがするサンドイッチ、クセになるおいしさです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14058310/

残りはラーメン屋をピックアップしました。

【7位】「濱壱家」(「千家」姉妹店)

tumblr_mg880f4uq41retn05o1_1280

“ホーム”と呼んでいたラーメン屋です。
引っ越してきた時からあった家系ラーメンのお店です。
人生で初めて食べた家系ラーメンで、衝撃のおいしさで、
以降家系に行くとココを基準で比較してしまいます。
なかなかココに勝る家系はないです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14032509/

【8位】「てっぺん家」

a32b6142-023b-43be-8adf-bbeb209222a3

上と同じく家系ラーメンのお店なんですが、
ココは、なぜか、普通の家系ラーメンより、味噌ラーメンがおいしいんです。
スープのベースに家系を感じつつ、
こってりスープとたっぷり野菜のコンビネーションが秀逸。
ライスと合わせるのもオススメです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011129/

【9位】「味噌や」

604a1911-6e06-4142-b26d-0aaf46c0d57f

上からの流れで、今度は本当の味噌ラーメン屋。
麺は西山製麺で、王道の札幌味噌ラーメンです。
炒めもやしと味噌スープの相性、ちぢれ卵麺の味噌スープへの絡みつき、
これらがたまりません。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14037062/

【10位】「あびすけ」

tumblr_nj7869yF5m1retn05o1_1280

今でこそですが、濃厚とんこつに魚介だしを合わせたスープのはしりのお店。
そのつけ麺は、安定のおいしさで、
でも、ここでも、僕のオススメはつけ麺ではなくて、油そば。
特徴的なのが、玉ねぎと塩こんぶで、これらが油タレと見事なマリアージュを。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14008848/

元住吉のラーメン屋は、種類の振り幅が広いです。

以上が10選になります。
元住吉、特にこの数年で高レベルなお店が増えて、
東横線の沿線で、都内の駅にも引けを取らないグルメタウンに成長したと思います。
みなさん、わざわざ訪れる価値アリの街ですので、ぜひ!
僕もたまに食べに帰ってこようと思います。

ありがとう、元住吉!

東横線・元住吉駅にピッツァの名店!「ファッブリカ1090(トクマル)」

モトスミでナンバー1なのはもちろん、
東横線沿線のグルメタウンのピッツェリアと比較しても名店と言えますよ、ココは。

ピッツエリア ファッブリカ トクマル (pizzeria fabbrica 1090) – 元住吉/ピザ [食べログ]

何よりお伝えしたいのは、
こちらのオーナーは、中目黒にある最高のピッツェリア「サヴォイ」(現店名「聖林館」)で腕を磨いたそうで。
ピザメニューは、マルゲリータとマリナーラがメインになっていて。

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

こちら、マリナーラ。
まさに「サヴォイ」を彷彿とさせる味で、
おいしいです!

3934c37c-ffe0-4a48-9ec3-e20958faea0d

これは、ふきのとうとチーズのピッツァです。

0440dc88-d8c4-4e49-8db4-09534fa123c5

ワインとチーズのマリアージュ。

“ブロッコロ”もオススメです。

1b43b116-d658-4bbe-a0b8-d85440e52d39

このボリューム、ビジュアル。
フライドガーリックにオリーブオイルがたっぷりで、昇天するおいしさです。

インサラータ(サラダ)は、
4人でシェアしても満足な量で、コスパ最高です。

a2e15fbb-6ba4-4410-9f70-10dfd7852b95

メインの料理も本格的です。
豚肉のグリル、焼野菜添え

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

これまた、野菜もたっぷりで、大満足です。

パスタも・・・具材は本格的で、麺も変わってて・・・おいしいので、
最初にピッツァを味わって、〆はパスタというのもイイと思います。

74e3b3fb-5c56-4f64-bd66-6c01b612a5c7

元住吉駅前のブレーメン通り商店街の外れにあります。駅から徒歩5分以上はかかります。
でも、常に満席なので、
予約はマストですよ。
みなさんも、ぜひです!

ピッツエリア ファッブリカ トクマルピザ / 元住吉駅

夜総合点★★★★ 4.0

猫がいるワインバー、横浜駅/平沼橋駅「チャマ(cyama)」

横浜の情報を探してると、結構な確率で[はまれぽ.com]にあたります。
[はまれぽ]ってスゴイですよね。
このお店も、最初はそれで見つけたような。

チャマ (wine bar cyama) – 平沼橋/バー [食べログ]

写真 2015-05-02 20 56 06

“chama”でチャマだと思い込んでいたら、“cyama”なんですね。アテンション。

ネコのパピコ(猫種はメインクーン)が店長という設定の、
小さなワインバーです。

写真 2015-05-02 21 05 53

グラスでほとんど隠れていて恐縮ですが、
一番奥でなでられているのがパピコ店長です。

この子がホントおとなしくて、
この性格ゆえに、このお店の雰囲気が成立してるんだと思います。

個人的には、猫だけではなくて、
カウンターのみ6席という“小箱”感がツボでした。
(人間の・笑)マスターが気配りしてくれて、心地よく。

訪問した時も、女性のおひとり様がいましたが、
まさに、女子が一人でも入れるお店です。
メニューにガッツリ系のスイーツもあって。

ワインバーですが、
ビールも日本酒も厳選して置いてありましたよ。
でも、この日はワインを。

スパークリングに。

写真 2015-05-02 20 07 30

これがおもしろかったです。
ロゼワインにグレープフルーツ果汁が入ったもの。

写真 2015-05-02 20 31 48

飲みやすくてよかったです。

写真 2015-05-02 20 32 19

お通しのハーブクリームチーズが、意外やしっかりした量があって、
大満足でした。

大きな粒のオリーブに。

写真 2015-05-02 20 12 14

手作りジャンボソーセージは、
1本単位で注文できて。

写真 2015-05-02 20 41 08

ワインが進むラインナップです。

横浜駅からは徒歩15分ぐらい。ちょうどイイ感じです。

みなさんも、ぜひ!
ねこ好きはマストですよ!

チャマバー / 平沼橋駅戸部駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.0

野毛で貴重なワインバル、「松澤ワイン食堂プチ」

横浜は桜木町駅の野毛エリアと言えば、
焼鳥屋というイメージだと思います。
そんな中で貴重なワインバルを見つけました。
いや、「オズマガジン」の横浜特集を見てなのですが。
こちら。

松澤ワイン食堂 プチ – 桜木町/ワインバー [食べログ]

イチバンの魅力は、
カウンター席のみで8席ほどというハコの大きさと、
そして、マスターがちゃんと目配りをして話しかけてくれるという、アットホームさです。
確実に、2回目からは、ひとりで行っても大丈夫ですね。女性でも。

この日は、2軒目の訪問だったので軽く…。

僕はスパークリングで。

写真 2015-03-28 19 43 37

店の奥にはワインセラーがあって。
そして、
マスターは、昔、某有名高級スーパーのワイン担当をしていたそうで。
セレクトは間違いないですね。

おつまみには、
グリーンアスパラガスのカラスミパウダーとポーチドエッグのせ、
パルミジャーノもトッピングして。

写真 2015-03-28 20 19 25

う~ん、ワインとバッチリ合いました。

マスターと、その高級スーパーを経てお店を出すまでの経歴の話になったんですが、
その計画性が、なんだか勉強になって印象に残ったのでした。

場所は、
野毛クラスタ向けに言うとw・・・
野毛ちかみちを上がってきて、野毛の中心部に向かう、
「若竹」(本店)のある道の、2つ左側の道にあります。

みなさんも、ぜひです。

OZmagazine (オズマガジン) 2015年 4月号 [雑誌]
Amazonで「オズマガジン2015年4月号」を探す
楽天市場で「オズマガジン2015年4月号」を探す

松澤ワイン食堂 プチワインバー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

マイ・ベスト3 とんかつ屋!

35歳になりましたが、
幸い、まだ、とんかつのロースでも胃もたれしません(笑)。
そして、最近、改めて、トンカツってうまいなぁと。

というわけで、
現時点でのマイベストなとんかつ屋さんTOP3をご紹介します。

【第1位】目黒駅「かつ壱」

上ロース
11055415_1564271667123578_493140264_n

脂のサシの入り具合が最高です。

加えて、
目黒駅はトンカツ屋激戦区、“とんかつ御三家”と呼ばれる名店があるということをお伝えしておきます。
ココもその1つです。

かつ壱 (かついち) – 目黒/とんかつ [食べログ]

【第2位】六本木駅・六本木ヒルズ「豚組食堂」

ロースとんかつ・リブロース
10914174_409530095888708_705416487_n

グラスワインがあります。
それにとんかつを合わせると・・・、
天にも昇るような気分に。
キャベツが別皿でドレッシングをかけて食べるスタイルだったり、
小ワザが効いてるところが高ポイントです。

豚組食堂 – 乃木坂/とんかつ [食べログ]

【第3位】大森駅「丸一」

とんかつ定食(ロース)
492953300

立地も含めて、“東京の老舗感”が。
わざわざ行かなくてもイイです、でも、
覚えておいてもらって、大森駅に寄る機会ができた時にはマストです。
そんな感じの。

丸一 (まるいち) – 大森/とんかつ [食べログ]

以上になります。
みなさんには、これらの豚カツ屋にぜひ!といった感じですし、
みなさんのイチ押しのトンカツ屋があれば、ぜひ教えてください。

かつ壱とんかつ / 目黒駅

昼総合点★★★★ 4.0

渋谷駅の隠れ家風・創作中華料理屋「月世界」は女子率が高い!

女性社長が看板を出さないこだわりで経営していることで有名なお店に、
もう10年来気になっていたのですが、
ようやく初訪問しました。

月世界 (ゲッセカイ) – 渋谷/中華料理 [食べログ] – 東京

おすすめメニューは、ボードで見せてくれます。

写真 2015-03-07 19 07 28

まずは、自家製サングリアの赤から。

写真 2015-03-07 19 22 31

このサングリア、750円するのですが、
グレープフルーツがたくさん入っていて、
辛い料理が多いので、このグレープフルーツが箸休めにちょうどイイ具合で、
結果、コスパ大満足に感じました。

まずは、お目当てのひとつだった葱油がけのパクチーサラダを。

写真 2015-03-07 19 24 34

上にのった白髪ネギの下は、ALLパクチーでした。

名物の“よだれ鶏(口水鶏)”も。

写真 2015-03-07 19 26 08

(私、本格四川麻婆豆腐も大好きなほどに、辛いのには慣れているつもりなのですが、
これは、それより一段上の辛さでした。
飲み物を飲んでもヒリヒリが引かないほどの。
ですので、辛いのが苦手な方などはご注意ください。
最初は、鶏にまとわり付いた赤いのを落としてから口に入れてみてください。)

野菜もウリです、セイロ蒸野菜を。

写真 2015-03-07 19 59 07

塩と、生姜醤というタレが出てきます。
このしょうがだれがクセになる味で。

お酒のメニューは、
オーソドックスなのは、生ビールとハイボールぐらいで。
あとは中国酒やオリジナルのドリンクが多くて、
エッジが立ってる感じです。

この日は、ハイボールに・・・

写真 2015-03-07 19 45 44

白のサングリアも。

写真 2015-03-07 20 42 17

炭水化物モノも食べたくなり、
黄ニラとからすみの焼麺をチョイス。

写真 2015-03-07 20 35 29

素材本来の味を活かした味付けといった感じで、
オトナな味わいでした。

あとは、玉ねぎ焼売を。

写真 2015-03-07 20 49 31

アツアツでジューシー。
かなり肉々しいので、焼売でも十分、肉を食べたなぁって感じになれますよ。

さて、店内を見渡すと、
40席のうち、9割が女性でした。

写真 2015-03-09 13 06 44

お酒が入ってワントーン上がった声で、女子会が盛り上がってました。

お店の場所は・・・、

写真 2015-03-07 22 05 04

こんな感じで、ストリップ劇場や、ラブホテルや風俗店の並ぶ小道の坂を上ったところにあって。
看板が無いことに加えて、これも、
隠れ家感の演出になってます。

驚き、珍しさ、おいしさの3拍子が揃ったお店となっていますので、
みなさんもぜひ一度!

月世界中華料理 / 神泉駅渋谷駅

夜総合点★★★★ 4.0

2014年マイベストレストラン!新規開拓店編

先に、【リピート店】編を公開しました。

2014年ベストレストラン!リピート店編|酒とつまみ

今回は、2014年に初めて訪問した飲食店の中から、ベスト・オブ・ベストを選出しました。
【新規開拓店】編です。

<第1位>「伸喜(伸㐂)」 桜木町(野毛)

値段的にもカジュアルな焼鳥屋というカテゴリーで、これまで行ったことあるお店より、
味が一段上をいってます。

写真 2014-11-08 18 18 28

写真 2014-11-08 17 03 21

皮<写真>と、あと、なんこつが、特に感動的でした!

(紹介記事)
横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

<第2位>「野毛ハイボール」桜木町(野毛)

東京の下町の酒場のように、
横浜にも、一人で軽く飲みに行ける店、見つけたって感じです。
“氷なし”というこだわりのハイボール・・・シュワッとキリッとおいしいです。
自家製モスコミュールも、ビシッとジンジャーが効いてて、
この2大看板で、何度も通いたくなります。

nogehigh01

nogehigh03

(紹介記事)
横浜・野毛の都橋商店街デビューには「野毛ハイボール」が、「野毛ハイボール」デビューには日曜がオススメです!

というわけで、
2014年のキーワードは“野毛”です。
野毛デビューの年となりました。
どこも個性的なお店ばかりで、衝撃です。
野毛を知ってるのと知らないとでは、人生大きく変わってくると思います。
みなさんもぜひ訪れてみてください。

<第3位>「カーサ・ダ・ノーマ」勝沼ぶどう郷

旅先でこんなレストランに出会えるなんて!
勝沼ぶどう郷駅を降りると、高低差の大きい葡萄畑が一面に。
駅からバスかタクシーで向かって、ようやく出会えるこのお店。
しかも、冬季は休業なので、春から秋の期間限定というプレミアム感。
カフェとワインバルの中間的なお店。
フレッシュなワインに、ライトなおつまみで。
旅路が続く際に酔いすぎないのがグー。

写真 2014-10-13 14 19 26

写真 2014-10-13 14 34 33

(紹介記事)
山梨・勝沼ぶどう郷駅のワインカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」

どのお店も、みなさんぜひ一度!といった感じです。

2014年ベストレストラン!リピート店編

2015年に入って早3ヶ月・・・
遅ればせながらで恐縮ですが、
2014年に訪れたレストランで、マイBESTだったお店を発表します。

まずは、
2014年以前に一度は行ったことあるお店で2014年にもリピートしたお店、の中からピックアップ。
【リピート店】のベスト・オブ・ベストを。

<第1位>「みの家」森下駅

味はもちろん、雰囲気がとにかく秀逸!
ずっと残っててほしいお店です。
年イチでは訪れたいもんです。

写真 2014-11-01 18 11 37

写真 2014-11-01 18 19 43

(紹介記事)
東京・深川、下町情緒が残るおすすめのレストラン「みの家」

<第2位>「Ori Ori(オリオリ)」元住吉駅

住んでいるモトスミのお店です。
人に紹介して連れて行ったところ、えらく感動してもらえて、
これは誇れる地元の名店なんだなぁと再認識したのでした。
魚系はもちろん、肉系のメニューも両方おいしいのが最大のおすすめポイントです。

写真 2014-11-29 18 50 17

d74a1d22

(紹介記事)
カルパッチョの妙味、ワインがすすむ、元住吉駅の「Ori Ori」
魚系も肉系もどっちもいける!元住吉駅の≪オリエンタル≫系列のワインバル「ori ori(オリオリ)」

<第3位>「ウーピーゴールドバーガー」渋谷駅

2014年は、自分史上最大のハンバーガー屋に行った回数になったかと。結構行きました。
そんな中でも、ココは、肉々しさが他よりも一段飛び抜けてますね。
夏限定でパクチーのバーガーが販売されるのですが、今年もそれを食べに行きたいです。

写真 2014-09-20 14 02 06

写真 2014-09-20 14 33 14

(紹介記事)
渋谷系のハンバーガー屋「ウーピーゴールドバーガー」

どのお店も、自信をもってオススメできるので、みなさんもぜひです!