野毛で貴重なワインバル、「松澤ワイン食堂プチ」

横浜は桜木町駅の野毛エリアと言えば、
焼鳥屋というイメージだと思います。
そんな中で貴重なワインバルを見つけました。
いや、「オズマガジン」の横浜特集を見てなのですが。
こちら。

松澤ワイン食堂 プチ – 桜木町/ワインバー [食べログ]

イチバンの魅力は、
カウンター席のみで8席ほどというハコの大きさと、
そして、マスターがちゃんと目配りをして話しかけてくれるという、アットホームさです。
確実に、2回目からは、ひとりで行っても大丈夫ですね。女性でも。

この日は、2軒目の訪問だったので軽く…。

僕はスパークリングで。

写真 2015-03-28 19 43 37

店の奥にはワインセラーがあって。
そして、
マスターは、昔、某有名高級スーパーのワイン担当をしていたそうで。
セレクトは間違いないですね。

おつまみには、
グリーンアスパラガスのカラスミパウダーとポーチドエッグのせ、
パルミジャーノもトッピングして。

写真 2015-03-28 20 19 25

う~ん、ワインとバッチリ合いました。

マスターと、その高級スーパーを経てお店を出すまでの経歴の話になったんですが、
その計画性が、なんだか勉強になって印象に残ったのでした。

場所は、
野毛クラスタ向けに言うとw・・・
野毛ちかみちを上がってきて、野毛の中心部に向かう、
「若竹」(本店)のある道の、2つ左側の道にあります。

みなさんも、ぜひです。

OZmagazine (オズマガジン) 2015年 4月号 [雑誌]
Amazonで「オズマガジン2015年4月号」を探す
楽天市場で「オズマガジン2015年4月号」を探す

松澤ワイン食堂 プチワインバー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

2014年マイベストレストラン!新規開拓店編

先に、【リピート店】編を公開しました。

2014年ベストレストラン!リピート店編|酒とつまみ

今回は、2014年に初めて訪問した飲食店の中から、ベスト・オブ・ベストを選出しました。
【新規開拓店】編です。

<第1位>「伸喜(伸㐂)」 桜木町(野毛)

値段的にもカジュアルな焼鳥屋というカテゴリーで、これまで行ったことあるお店より、
味が一段上をいってます。

写真 2014-11-08 18 18 28

写真 2014-11-08 17 03 21

皮<写真>と、あと、なんこつが、特に感動的でした!

(紹介記事)
横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

<第2位>「野毛ハイボール」桜木町(野毛)

東京の下町の酒場のように、
横浜にも、一人で軽く飲みに行ける店、見つけたって感じです。
“氷なし”というこだわりのハイボール・・・シュワッとキリッとおいしいです。
自家製モスコミュールも、ビシッとジンジャーが効いてて、
この2大看板で、何度も通いたくなります。

nogehigh01

nogehigh03

(紹介記事)
横浜・野毛の都橋商店街デビューには「野毛ハイボール」が、「野毛ハイボール」デビューには日曜がオススメです!

というわけで、
2014年のキーワードは“野毛”です。
野毛デビューの年となりました。
どこも個性的なお店ばかりで、衝撃です。
野毛を知ってるのと知らないとでは、人生大きく変わってくると思います。
みなさんもぜひ訪れてみてください。

<第3位>「カーサ・ダ・ノーマ」勝沼ぶどう郷

旅先でこんなレストランに出会えるなんて!
勝沼ぶどう郷駅を降りると、高低差の大きい葡萄畑が一面に。
駅からバスかタクシーで向かって、ようやく出会えるこのお店。
しかも、冬季は休業なので、春から秋の期間限定というプレミアム感。
カフェとワインバルの中間的なお店。
フレッシュなワインに、ライトなおつまみで。
旅路が続く際に酔いすぎないのがグー。

写真 2014-10-13 14 19 26

写真 2014-10-13 14 34 33

(紹介記事)
山梨・勝沼ぶどう郷駅のワインカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」

どのお店も、みなさんぜひ一度!といった感じです。

横浜・野毛3大焼鳥屋の1つ「末広」は行列必至!

これにて3大焼鳥店の全てを制覇しました。
1つ残っていたこちらのお店へ。

野毛末広 (すえひろ) – 桜木町/焼鳥 [食べログ]

こちら、土曜は16:30に開店ということで、(平日は17:00開店)
開店時間を狙って。

16:20ぐらいにお店の前に着くと、すでに行列が。
お店の隣りに、何か商店みたいなのがあって、次が角になっているんですが、
行列は角を曲がったところまで続いていて、角を曲がった2~3列目に並べました。
開店して、店員さんが各組に順に席を案内していって…、
自分達(2人)も、無事に1順目で席に座れました。
というわけで、
土曜の開店を狙う場合は、16:15には着いて並ぶのがベストです。

さて、カウンター席で。

写真 2015-01-10 16 40 24

最初は、大将(写真奥の)が、段取って順にオーダーを聞いてました。

ねぎ肉

写真 2015-01-10 16 45 34

王道の焼鳥なんだなぁというのが最初の1本で分かりました。

続いて、皮

写真 2015-01-10 16 46 25

最高です!
あとからもう一度注文しました。
というわけで、この日のツボは皮でした。

モツ
・・・この店では鳥レバをモツと言います。
(“レバ”と頼むと、豚レバが出てきます。)

写真 2015-01-10 16 47 56

最近、白レバーに慣れていましたが、
おいしいところだと、ノーマルのレバーでも十分ですね。
こっくり感がたまりません!

手羽先
ふっくらジューシーで。

写真 2015-01-10 16 53 25

椎茸肉
椎茸の香りがバツグン。

写真 2015-01-10 17 22 42

ラストは、軟骨

写真 2015-01-10 17 29 09

こちら豚のようです。
なので、いつも食べている鶏のやげん軟骨とは全く違う見た目で、
初めて食べる食感でした。
コリッ、ムギュッ、ジュワ~。

お酒は、日本酒のお燗を。
たぬきの徳利に入ってくるので、メニューには“たぬき”と書かれてます。

写真 2015-01-10 16 40 20

こちらは、お酒メニューが、
ビールに、日本酒も1銘柄、焼酎も1銘柄と、潔いです。
(個人的にはもう少しバリエーションが欲しいですが。)

いわゆる酒場の風情だけど、
丁寧な仕事の焼鳥が味わえる、
そして値段は安い、
というのが「末広」の魅力ですね。

写真 2015-01-10 16 35 31

写真 2015-01-10 17 39 45

写真 2015-01-10 17 40 01

大満足でお店を出ると、引き続き行列が。

みなさんも、ここは、並んででもぜひです!

野毛末広焼き鳥 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

横浜・野毛の焼鳥・御三家のひとつ「若竹」は2号店がオススメ

12月になると、“食べ納め”したくなります。
・・・その年に印象的だった食事について、感謝の意味も込めて、再度食べに行く・・・
みなさんはどうですか?

その1つが、焼鳥の「白レバー」でした。
候補店はいくつかありましたが、
野毛というエリア自体への感謝も込めて、(今年が野毛デビュー)
こちらに再訪。

横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

若竹 弐 (わかたけ に) – 桜木町/焼鳥 [食べログ]

何はともあれ白レバーを。

写真 2014-12-13 18 08 39

口に含んだ時のねっとり感に、レバー特有の香りもわずかにあって、タレの味をまとって…、
このバランスが最高です。

他にもフルコースばりに味わいました。

すきみ(=首肉=せせり)は、
脂がちょうどいいバランスで。

写真 2014-12-13 18 04 12

うずら串は、黄身が半熟です。
アクセント的におすすめ。

写真 2014-12-13 18 20 04

手羽先は、香ばしさがバツグン。

写真 2014-12-13 18 54 50

つくねは、塩でクセのある味なんですが、
お酒にバッチリ合います。

お酒は、樽生ハイボールとレモンサワーを。

写真 2014-12-13 18 01 09

焼鳥以外のつまみで、きつね焼きを。
ねぎたっぷりで、焼鳥との調和がとれた一品。

写真 2014-12-13 18 23 13

座ったカウンター席が、ちょうど焼き台の前で。

写真 2014-12-13 18 50 34

壮年な感じの大将の魂の手さばきも拝めて、グルーヴ感も最高でした。

さて、
実は今回も、最初に本店を覗いたのですが、満席で。
2号店に流れたら着席できました。
というわけで、
やはり本店の方が混むのかと。
歴史が長い分、常連さんが多いわけですからね。
その面で、「若竹 弐」がオススメです。

そして、
調べてみたら、本店は、メニューが無く基本おまかせだそうです。
(その風情も含めて本店の評価も高いわけですが、)
自分の好きなものを、というカジュアルさを求めるなら、「弐」に限りますね。

しかしながら、僕は、とにかく本店に行ってみたいです。

みなさんも、2号店で白レバー、ぜひです!

写真 2014-12-13 19 18 48

写真 2014-12-13 19 25 36

若竹 弐焼き鳥 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

桜木町って、改めて・・・
駅を出て、海側に行くと、オシャレなベイエリアで、
山側(野毛山)に行くと、ガラッと変わって飲み屋街というのが、
・・・魅力的ですよね。

さて、そんな野毛に、焼鳥屋は数あれど、
“三大焼鳥店”と呼ばれる人気のレジェンド店が。
・「末広」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000551/
・「若竹」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000548/
・「伸喜」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000552/
です。

最近、このうちの2つを開拓したので、レポートします。

夏の終わりの日、「若竹」にアタックしようと、17時過ぎに扉を開けたら、
“18時からです”と。
そして、他の店で時間を潰して、
18:00の少し前に再訪したら、なんと既に満席!

そうなんです、
これらの店全てに共通して言えるんですが、
開店時間の、遅くとも15分前から並んでおかないと、満席になります。
1順後以降を狙うなら話は別ですが、
そうなると売り切れメニューが出てくるので、
初回1発目の訪問で最高の満足度を得たいなら、開店30分前からお店の前で様子をうかがいながら待つことをオススメします。

満席で困ったなぁと辺りを歩いていると、小道に焼鳥屋を発見して、
覗くと“空いてますよ”と、そして“「若竹 弐」”と看板に!
そうなんです、「若竹」には2号店もあるので、
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14033544/
アタックチャンスは広がります。

「若竹」の2号店、この日は屋外のテーブル席で。

写真 2014-09-27 18 08 44

白レバーがあります。

写真 2014-09-27 18 45 57

ねっとり感がおいしいです!

鶏を使った煮込みもあって。

写真 2014-09-27 18 16 22

お酒がすすみます。

お酒のメニューには、バイスサワーもあって。
好きなんです~、コレ。

写真 2014-09-27 18 08 12

ちなみに、
お通しが、うずら月見大根おろし。
これ、焼鳥の箸休め的に最高ですよね。

お会計をお願いするとサービスで〆に、鶏だしのスープが。

写真 2014-09-27 19 14 50

いやぁ~、〆も最高です。

大衆的な雰囲気だけど、料理/サービス的にはしっかりツボを押さえた王道の焼鳥屋だなぁ、という印象です。

写真 2014-09-27 18 21 13

写真 2014-09-27 18 02 42

つい先日、「伸喜」へ。
実は、ここは、17:00より数分過ぎに訪れて満席というのを2度経験してきたので、ようやくです。
今回は、
16:45にお店の前に行くと、ひとり並んでる方がいて、その後ろに並んでいたら、
16:50ぐらいには女将さんが“どうぞ”と入店させてくれました。

写真 2014-11-08 18 18 28

ここでは、かわとなんこつに感動しました!
かわは、鳥皮のまわりの肉の部分も含んだカッティングなっています。

写真 2014-11-08 17 03 21

なんこつも、軟骨のまわりの肉の部分も含んでいて。

写真 2014-11-08 18 05 37

かわはカリッフワッ、
なんこつはコリッジュワ、
で、初めて経験するおいしさでした!

こちらは、店の雰囲気も(外観からして)、焼鳥の具合も、上品系です。
焼鳥と箸休め的なつまみしかない潔さで、会計が自然とリーズナブルに落ち着くという、上品系だけど大衆的で最高です!

写真 2014-11-08 17 06 20

写真 2014-11-08 17 13 54

写真 2014-11-08 17 36 35

2店で毛色が違うので、みなさん、両方ともマストですよ!

黄金町駅のラーメン屋「名物屋」は老舗でおいしい

黄金町駅前の初音町交差点角に、
夜だけ営業している・・・18:30から麺が無くなるまで・・・
「名物屋」というラーメン屋が。

名物屋(めいぶつや) – 黄金町/ラーメン [食べログ]

写真 2014-10-01 20 07 19

写真 2014-10-01 19 47 30

立地的に、営業時間的に、訪問ハードルは少し高いかもしれませんが、
こんなツイッターアカウントも・・・



営業情報をつぶやいてくれています。
公認アカウントだそうです。

初訪問だったので、気合いが入って、
チャーシューメン(1000円)にゆで玉子(50円)を。

写真 2014-10-01 19 52 50

うまい!

自分は、世代的にも新しい味に慣れていってるタイプで、
いわゆる老舗の店に行くと、
・・・この店、開店から40年経つ老舗です・・・
半分ぐらいの店は“今でもイケる”なのですが、半分は“う~んちょっと…”と感じることがあり。
しかし、
ここのラーメンは、見事に、今でも全然イケる味です。
こってりした見た目ではない、昔ながらの醤油スープなのですが、
焦がしネギが効いたパンチのある味で、イイです。

写真 2014-10-01 19 46 50

トッピングは好みだと思うので、
チャーシューなのか、支那竹なのか、ワンタンなのか、
お気に入りを見つけてください。

トッピングを抜きにしても、
スープと麺(ノーマルのラーメン)だけで余裕に合格点なので、
オススメです。

みなさんも、ぜひ!

横浜・桜木町・野毛のフレンチ「ビストロ ボクゥ」

野毛と言うと、焼鳥屋とかの居酒屋が並ぶイメージだと思いますが、
そんな通りの、ビルの2階に、隠れ家的に存在しているのが、
フレンチビストロの「beaucoup」。

ビストロ ボクゥ (beaucoup) – 桜木町/ビストロ [食べログ]

写真 2014-09-14 21 22 47

写真 2014-09-14 20 43 09

野毛らしからぬ落ち着いた雰囲気の店内で。
これはアクセント的にアリですね。

フレンチということで、スパークリングワイン(泡)を。

写真 2014-09-14 20 46 54

前菜メニューからニンジンのラぺを。

肉料理メニューからは、若鶏のソテーを。

写真 2014-09-14 21 05 25

うん、ハーブがきいててしっかりした味。

VOXSPICE オーガニック ローズマリーホール 15g×5袋 (Amazon)
Amazonでローズマリーを探す
楽天市場でローズマリーを探す


1日10食限定でフォアグラのソテーがお値打ち料金であったのが、気になりました。
次に行った時に食べてみたいなぁと。

野毛でハシゴ酒する際には、そのうちの1軒に加えるとよいかと。
みなさんもぜひぜひ。

新さんまの季節ですね。生さんまの刺身が最高です!

この数週間で行った料理屋で、生秋刀魚の刺身によく出会いました。

まずは、
元住吉駅、僕の家の近所の「からふぇDINING」で。

からふぇDINING (カラフェダイニング) – 元住吉/居酒屋 [食べログ]

写真 2014-08-27 19 53 27 (1)

これはおいしかったです!
ノーマルなのが半分と、半分は炙りで。
そして、あぶり用にと、わたで作ったたれも付いてきます。
これが最高!(これをペロッとしながらでも酒がすすむレベルでしたよ!)
ノーマルな方も、棒状に切られてるのが、
ムギュとした歯ごたえと味がブワッと広がる感じでよかったです。

もう1つは、
桜木町駅/日ノ出町駅そばの野毛エリア、ここにある「浜作」。

浜作 – 桜木町/居酒屋 [食べログ]

写真 2014-09-03 20 09 41 (1)

盛り付けに食欲をそそられました。
ねぎにしょうがで、それを越えてくるサンマのパンチのある味。
おいしいです。

まだ残暑ですが、味覚は秋になりましたね~。
みなさんもぜひ!

==========
次回予告・・・
韓国麺でコムタンラーメン
もしくは
横浜にある奇跡のスープカレー屋
==========

横浜・野毛の都橋商店街デビューには「野毛ハイボール」が、「野毛ハイボール」デビューには日曜がオススメです!

飲み屋街で有名な、横浜は桜木町駅/日ノ出町駅近くの野毛。
野毛の中でも有名なのが、1店舗がかなり小さく区切られた長屋風の2階建てビルの、都橋商店街。

日曜の夜に訪問したら、閉まっているお店も多く。
(はしご酒と決め込んでる場合は、日曜はNGですね。)
2階にある「野毛ハイボール」へ。

nogehigh02

このお店、外廊下側に窓は無く店内の様子が見えないので、扉を開けるのをためらうのですが、

nogehigh01

大丈夫です、ご安心を!
マスターは気さくですので。

入ると、先客は1名。
メニューボードには、
“氷なしハイボール”
“自家製モスコミュール”
“※ビールは置いてません”
と。

まずは、氷なしハイボールを。

nogehigh03

このメニューは初めて知りました。
これは、クリアでおいしい!

つまみは缶詰がメインです。
やきとり缶を頼むと、
店主が「味を、全種類コンプリートしてあるんですが、どれがイイですか?」と。

nogehigh04

柚子胡椒味を。
温めたのが出てきます。

このあたりで先客がお店を出ていって、店内は自分達だけに。
そしてマスターとのトークが。

nogehigh05

なんと脱サラしてお店を始めたそうで、(僕の憧れ!)
サラリーマン時代は野毛で飲んでいたと。
その頃の仲間のことなのか、「やっぱり日曜しか来れないって言う仲間がいるから開けてます」と。
「こんな感じで空くんですけどね」と。
というわけで、デビューするなら日曜がオススメなんです。

もう1杯、モスコミュールも。

nogehigh06

これもうまい!
ジンジャーがピリッと効いているんだけど、決して辛すぎず。
氷なしハイボールにも共通するんですが、
とにかく上品なお酒という感じでした。

マスターには、他にもいろいろと話を聞かせてもらって。
やっぱり元サラリーマンというのがあると思うんです、
会話のキャッチボールの絶妙さ加減には。
というわけで、都橋商店街デビューには、ココがオススメですよ。イイ酒場です!

みなさんも、ぜひ!

氷なしハイボールでも使われる、珍しいサントリーウイスキーの「白角」・・・
サントリーウイスキー 白角(角瓶) 40度 700ml (楽天)
楽天市場で「サントリー白角」を探す
Amazonで「サントリー白角」を探す

==========
次回予告・・・
中目黒でさっぱりすだち蕎麦
もしくは
新さんまの季節、刺身でいただく
==========