会食に使える銀座のお店で、かつ、ミシュラン1つ星の「ぎんざ 一二岐(いぶき)」

婚約での両家の顔合わせ食事会ということで、
自分たちとお互いの両親なので、人数は計6名、
6名対応の個室があって
立地もよくて、そこそこリッチなお店、
そんな条件のレストランを探した際に、
なかなか見つかりませんでした。

特に、6名の個室というのがネックになりました。
いいなぁと思ったレストランでも、
個室が4名対応のみというところが多かったんです。

そんな中見つけた、
6名対応の個室があって、
場所は銀座(最寄駅は東銀座駅)で、
ミシュランガイドで星を獲っている、
バッチリ使える和食のお店を紹介します。

「ぎんざ 一二岐」
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13115557/

ibuki01
雑居ビルの地下一階に入っているので、
エントランスから風情があるという要望だけは満たしてくれません。
が、
そこ以外はホントに大満足のお店です。

ibuki02

土曜のランチタイムに利用しました。
(日曜は休業日です。)
ランチタイムの、コースの中では5000円が一番安いミニ懐石というもので、
それをいただきました。
緊張感もありつつ、トークがメインなので、
5000円のコースでも、満腹になれました。

かつおのわら焼きがお店の逸品のようで。
ibuki05
塩で食べるのですが、全く臭みは無くて、
納得のおいしさでした。

椀ものの器が、
蓋に東海道五十三次の絵が描かれていて、
ibuki04
これが6人とも違う絵になっているわけです。
これは、“こっちは大磯だ”“こっちは藤沢よ”と盛り上がれて、
ナイスでした。
中は、金目鯛と舞茸の汁でした。

コースは、
ごま豆腐の揚げ出しからスタート。
ibuki03
この日は、お酒は日本酒を飲みました。

次に、上述の汁椀と鰹の藁焼きが続いて、
その後に、柳葉魚のフライです。
ibuki06
これがイチバンのツボでした。
身が大きくて、マヨネーズみたいなソースがこれまたおいしくて。

ご飯の前の最後の料理は、聖護院大根の蟹あんかけ。
ibuki07

ラストは、山形“つや姫”新米の土鍋ごはん。
ibuki08
ちりめん山椒や香の物といった、小ワザがさすが。

最後、おこげを作ってくれて。
ibuki09

〆の甘味は、くるみ入りわらび餅でした。
ibuki10

いやぁ~、大満足でした。

銀座で、6名個室の、ランチ会食、
みなさんもぜひ使ってください!

「ぎんざ一二岐」公式ホームページ
http://www.ginza-ibuki.com/

魚屋もサードウェーブ系?!都立大学駅のオシャレな魚屋「sakana bacca(サカナバッカ)」

ひと駅隣りの都立大学駅前にシャレオツな魚屋があると聞いて、
日曜の昼下がり・・・
学芸大学の「totorot(トトロ)」で、
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13191119/
ガレットランチをした後に、
12905008_1223400791022050_307758330_n
歩いて行ってきました。

それがコチラ。
写真 2016-03-27 13 54 02
「sakana bacca 都立大学店」
白塗りのコンクリートのビルの1階、
マリンブルーの看板、
ファサードは木枠にガラス。
でも、
店内は、いわゆる昔ながらの魚屋の体裁です。

晩メシに何を作ろうか悩んで、
発泡スチロールのトロ箱に入った鯵をカゴに入れて、窓口で渡して、
3枚おろしにしてもらって、買って帰りました。

お店の特徴としては・・・
・冷蔵ケース内の一匹ものの魚は、半身から売ってくれる。
・魚を使った惣菜(タコのトマト煮がおいしそうだった)や、ちらし寿司といった物も、少し置いてある。
・一匹ものの魚について、3枚おろしまでは無料でおこなってくれる。
・刺身用のカットも有料でおこなってくれる。
・毎日営業している。
・・・こんなところでしょうか。

感じたのは、
こういう魚屋が増えれば魚の消費量も増えるのになぁ、
ということ。
そして、
このお店、調べてみると、
ネットベンチャーに近いような会社が始めた店舗で
http://foodison.jp/
自分の感じたことをまさに体現しようとしてるのかなぁと。

「サカナバッカ」ですが、
城南地区に複数店舗あります。
http://sakanabacca.jp/
みなさんも、ぜひ一度行ってみてください!

それで、
買った3枚おろしの鯵は、アジフライにしたのでした。
写真 2016-03-27 19 12 13
当たり前ですが、惣菜屋のとは格段に違って、
めちゃくちゃおいしかったです!
さっきまで一匹のままでいたやつの捌きたては旨さが違いますね。

ベアードビール、メルボルンへ!

東京の中目黒と原宿、横浜の馬車道に「タップルーム」(レストラン)を営業している
ニッポンのクラフトビールメーカー『ベアードビール』

このメーカー、静岡県の修善寺に工場があって、
土日に工場見学ができます。
今年のお盆休み、見学日程が平日にも増えていたので・・・、


見学してきました。

写真 2015-08-13 14 29 07

見学では、ビールの製造工程を説明してもらったのですが、
詳細を忘れてしまったというのもあって(笑)、
写真のみ紹介しつつ、
印象に残ったところを紹介します。

写真 2015-08-13 12 57 02
原料の大麦麦芽。
様々な種類が。組み合わせが色・フレーバー・味の違いに。
写真 2015-08-13 12 58 17

写真 2015-08-13 12 35 25
原料のホップ。
押し固めたチップを使っているメーカーが多いが、
収穫した状態のままのホップを使うことにこだわっているとのこと。

写真 2015-08-13 12 33 37
麦芽を粉砕する機会

写真 2015-08-13 12 37 37
糖分がアルコールに変わるので、度数の高い銘柄には砂糖も混ぜるとのこと。

写真 2015-08-13 12 39 36
麦汁を煮出す釜
写真 2015-08-13 12 41 34

写真 2015-08-13 12 43 07
発酵前、麦汁の糖度を計る機械

写真 2015-08-13 12 43 48
発酵タンク

写真 2015-08-13 12 50 28
アルミ樽を洗浄して、できあがったビールを詰める機械

写真 2015-08-13 12 51 13
瓶詰めにする際の機械

写真 2015-08-13 12 51 38
瓶ビールの出荷ケース

写真 2015-08-13 12 54 08
水色の方はプラスチックの樽で、海外出荷用。(リターナブルではないので。)

ベアードの季節限定のフルーツフレーバーのビールが大好きなのですが、
“果実の下準備は、機械できないので、みんなで手作業でしている”と、
絞り器を見せてくれたり。

“材料まで全て国産のビールを作りたい”と、
“敷地内の庭で今年はホップを育てました”とか。

案内してくれた方の表情が印象的だったんですが、
好きで情熱を持ってビールを作っているんだなぁ、
と感じられました。

そして、最後に、
“ベアードビールのタップルームが、年内にメルボルンに出店する予定です”とのコメントが。
おぉっ!世界のベアードに!

写真 2015-08-13 13 07 58
奥もベアードビールの敷地で、
ホップが育っている畑も見えました。
飲んだのは、日本物語エール<梅のフルーツビール>です。

工場の建物は、1・2階が工場部分で、
3階が、ガラス張りで工場部分が見下ろせるようになっていて、
そこにタップルームがあります。
ここは、工場ゆえ料理を提供していない(ナッツ程度はある)ので、
食べ物が持ち込み自由というのも、これまた一興なんです。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺 – 修善寺/ビアバー [食べログ]

修善寺駅と三島駅のあいだは伊豆急行線で、
三島駅から東海道線で1駅の沼津駅、
沼津駅からバスで沼津港に行くと、
そこには、ベアードビールの「沼津タップルーム」が。

沼津フィッシュマーケットタップルーム (Numazu Fishmarket Taproom) – 沼津/ビアバー [食べログ]

写真 2015-08-13 18 50 53

今はレストランだけですが、
昔ここで醸造していたそうです。
「タップルーム」、店舗ごとにウリの料理が違うのですが、
ココでは、サバサンドを!

写真 2015-08-13 19 06 57

衝撃のうまさでした!
これを食べにわざわざここまで来る価値アリです!

みなさんも、『ベアードビール』、ぜひぜひ!

東横線沿線に残る昭和の中華料理屋、学芸大学駅の「二葉」

学芸大学駅の改札を出たスグ脇に、
なぜかここだけ緑が生い茂っている、赤いテントの、“いかにも”な中華屋が。

写真 2015-08-01 16 47 25

入ると、意外や広く、
(パイプ椅子・テーブルなのはご愛嬌といったところか、)
店内の角の高いところにテレビがあって、
昭和の雰囲気が漂ってます。

11312560_868680693221300_1386750626_n

イチバンの“昭和”感は、メニュー。
中華料理に混じって、
オムライスやカレーや目玉焼きが。

写真 2015-08-01 16 19 24

こういう中華料理屋ってたまにありますよね~。
食べる前のここまでの雰囲気で、すでに合格点って感じです。

写真 2015-08-01 16 18 59

お酒のメニューは、ビールと日本酒だけというシンプルさ。

この日は、肉うま煮にライスを付けました。

11311289_849949728393531_774296087_n

漬物やスープも付いてきました。

味もバッチリです。
このとろみのテカっている部分、ここのオイリーさでライスがバクバクすすみました!

次は、オムライスや目玉焼きを食べてみようと思います。

オシャレなイメージの東横線沿線、それも学芸大学駅のそばに、
こんな昭和な中華屋が残っているなんて。
このノスタルジーは秀逸です。
みなさんも、ぜひ!

学芸大学の焼鳥屋「トリオキ」と、東京デート系焼鳥屋3選

先週末、
学大の焼き鳥屋を開拓しようと、
<食べログ>で学芸大学駅1位の「鳥おき」に電話したら、“満席です”と。
でも“2号店もあるので、もしよかったらそちらに電話をかけていただければ”と。
電話してみると、
ちょうど席が空いたとのことで、道を聞いて行ってみると、
初回はGoogleMapを見ないとたどり着けないような、飲食店が並んでいる通りではないところの、ビルの半地下にありました。
つまり、お忍び感がありました。

【1】
「トリオキ」
文字を変えて系列店というわけでした。


トリオキ | raybeams

[食べログ]トリオキ – 学芸大学/焼鳥

焼鳥をワインで楽しむのをウリにしているお店でした。

oki1

oki2]

oki3

好物の、希少部位“ちょうちん”もあって。

oki4

おいしくて、
上品系焼鳥のお気に入り店になりました。

ここに行って、
“あっ、デート向きだなぁ”と思って、
こんな焼鳥屋でもアッパー系のお店が、頭のデータベースにいくつか浮かんだので、
まとめてみます。

共通店は・・・
・カウンター席がメインで、カウンターから焼き台が見える。カウンターも小洒落た具合。
・メニューに希少部位がある。
・お酒にこだわりがある。
・立地的に、駅から遠かったり分かりづらかったりして、それも雰囲気の演出になっている。
・・・といった感じです。

【2】
「とり茶太郎」


[食べログ]とり茶太郎 – 渋谷/焼鳥

以前に当ブログでも紹介しています。

chata04
渋谷、デート焼鳥な店「とり茶太郎」|酒とつまみ

ここは、日本酒のラインナップが豊富です。

chata02

【3】
「酉玉」神楽坂店


[食べログ]白金 酉玉 神楽坂店 (とりたま) – 牛込神楽坂/焼鳥

ここは“7/10/12本コース”というメニューがあって、
オススメがお得に食べれるのでありがたいです。
お酒は、焼酎なども、バランスよく豊富なラインナップです。
ここにも、大好きな“ちょうちん”があります。

441946719

どれも穴場的な場所にあるので、
そこに行くまでもデート感の演出になると思います。

学芸大学、始めました!

2015年6月12日に、学芸大学駅に引っ越してきました。
西口のほう、住所的には世田谷区です。

半月以上経ちましたが、
部屋の片づけもままならない状況で、
飲食店もまだほとんど開拓できてませんが、
取り急ぎ・・・

これまで外で食事したうちの3店舗をご紹介します。

1.「魚謙」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13132835/
駅舎の西口を出た線路沿いを北に進み、突き当りの車道路を渡って左に進んだスグのところに。

魚料理がウリの居酒屋。
カウンターだけ、8席ほど、という小箱感がイイです。

uoken

写真 2015-06-26 20 37 52

写真 2015-06-26 20 50 02

釜飯もおしいそうだったので、
次回は食べてみたいなぁと。

2.「416GRILLING」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13179125/
西口商店街を突き当りまで進み駒沢通りまで出たら、右に曲がってしばらく進んだところに。

2015年の1月にオープンしたばかりのお店だそうです。
ランチに訪問しました。
夜は(メインは)グリル料理のお店で、
その流れで、ランチはハンバーガーなどのメニューが。

416gri

内装が凝ってて、雰囲気グーでした。
夜にまた来たいなぁと。

3.「びぎ屋」
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13093976/
東口商店街をずっと進んで、商店街の終わりの少し手前に。

ミシュランガイド2015のラーメン部門に掲載されているラーメン屋です。

bigiya

うん、たしかにミシュランだけあって、だしがとても効いたスープで、麺との相性もバッチリで。
定期的に通いたいなぁと。

どこもハズレなしなので、
スゴイなぁと感動しています!

みなさんも、ぜひ、学大へ~!

モトスミ歴11年の元住人が選ぶ「元住吉駅おすすめグルメ」10選!

2004年3月に、元住吉に引っ越してきました。
最初、オズ通り商店街の方に、4年住んで、
元住吉の中で引っ越し。
次は、ブレーメン通り商店街の方に、7年住んで、
2015年6月に、元住吉を離れます。

モトスミは、もはや、第2の故郷といっても過言ではなく、
涙ちょちょ切れもんで引っ越しの準備をしています。
そして、
最後に、この記事を残します。

【1位】「ori ori(オリオリ)」

写真 2014-11-29 18 50 17

ひとことで言うと、魚系バル。
でも、
魚も、生もの系のメニューから、鉄板焼きのメニューまでアリ。
魚だけじゃなくて、肉系のメニューもアリ。
と、オールラウンダーで、
全部ハズレなしなんです。
中でも、カルパッチョは必食です!

927f13d1-9433-4b7e-91b5-edeb2f91f0e7

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14044657/

【2位】「やぶ久」

557805432

お酒を飲むための蕎麦屋です。
おつまみ系メニューが大充実!
かつ、
〆の蕎麦もうまい。
そして、
蕎麦メニューに“小さい”(サイズ)ラインナップがあるのが秀逸です。

339423255

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14015770/

【3位】「ピッツェリア ファッブリカ トクマル(1090)」

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

中目黒の名店「サヴォイ(現店名:聖林館)」で修業したオーナー。
ピッツァのメインメニューにあるマルゲリータとマリナーラは、
・・・まさに「サヴォイ」の流れを汲んでいて・・・
これが最高においしいです!
そして、
サラダをはじめとして肉料理など、ピッツァ以外のメニューもバツグンです。

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14039484/

【4位】「さかなの台所 オリエンタル」(西口店)

11377853_626475254154546_151616260_n

引っ越してきた時は、元住吉と言えばまだこの店しかありませんでした。
そして、今でも変わらない人気。
老舗という観点で言えばナンバー1です。
ここに来たら、マグロの七輪焼きはマストです!
本気の魚に大満足です。

11358148_1597299257206583_728184180_n

http://www.bremen-st.com/shops/02/shop079.html

【5位】「からふぇ」

tumblr_mxgnsl2vGc1retn05o1_540

ブレーメン通りを進んで、曲がってかなり奥に入った住宅街エリアにある隠れ家ダイニングです。
ご夫婦で切り盛りする店内はカウンター席のみ。
お通しからして本格的。
エッジのきいた日本酒と料理のラインナップ。
静かに語らいたい時にはピッタリです。

BwH7cZsIYAAFIFP

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14012443/

【6位】「Thao’s(タオズ) バインミー」

写真 2015-04-12 13 22 29

最新トレンドです。
2015年4月にオープンしたばかりの、バインミーのテイクアウトショップ。
神奈川県初のバインミー専門店だそうで。
券売機には、パクチー追加のメニューも。
アジアの香りがするサンドイッチ、クセになるおいしさです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14058310/

残りはラーメン屋をピックアップしました。

【7位】「濱壱家」(「千家」姉妹店)

tumblr_mg880f4uq41retn05o1_1280

“ホーム”と呼んでいたラーメン屋です。
引っ越してきた時からあった家系ラーメンのお店です。
人生で初めて食べた家系ラーメンで、衝撃のおいしさで、
以降家系に行くとココを基準で比較してしまいます。
なかなかココに勝る家系はないです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14032509/

【8位】「てっぺん家」

a32b6142-023b-43be-8adf-bbeb209222a3

上と同じく家系ラーメンのお店なんですが、
ココは、なぜか、普通の家系ラーメンより、味噌ラーメンがおいしいんです。
スープのベースに家系を感じつつ、
こってりスープとたっぷり野菜のコンビネーションが秀逸。
ライスと合わせるのもオススメです。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14011129/

【9位】「味噌や」

604a1911-6e06-4142-b26d-0aaf46c0d57f

上からの流れで、今度は本当の味噌ラーメン屋。
麺は西山製麺で、王道の札幌味噌ラーメンです。
炒めもやしと味噌スープの相性、ちぢれ卵麺の味噌スープへの絡みつき、
これらがたまりません。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14037062/

【10位】「あびすけ」

tumblr_nj7869yF5m1retn05o1_1280

今でこそですが、濃厚とんこつに魚介だしを合わせたスープのはしりのお店。
そのつけ麺は、安定のおいしさで、
でも、ここでも、僕のオススメはつけ麺ではなくて、油そば。
特徴的なのが、玉ねぎと塩こんぶで、これらが油タレと見事なマリアージュを。

http://tabelog.com/kanagawa/A1405/A140504/14008848/

元住吉のラーメン屋は、種類の振り幅が広いです。

以上が10選になります。
元住吉、特にこの数年で高レベルなお店が増えて、
東横線の沿線で、都内の駅にも引けを取らないグルメタウンに成長したと思います。
みなさん、わざわざ訪れる価値アリの街ですので、ぜひ!
僕もたまに食べに帰ってこようと思います。

ありがとう、元住吉!

東横線・元住吉駅にピッツァの名店!「ファッブリカ1090(トクマル)」

モトスミでナンバー1なのはもちろん、
東横線沿線のグルメタウンのピッツェリアと比較しても名店と言えますよ、ココは。

ピッツエリア ファッブリカ トクマル (pizzeria fabbrica 1090) – 元住吉/ピザ [食べログ]

何よりお伝えしたいのは、
こちらのオーナーは、中目黒にある最高のピッツェリア「サヴォイ」(現店名「聖林館」)で腕を磨いたそうで。
ピザメニューは、マルゲリータとマリナーラがメインになっていて。

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

こちら、マリナーラ。
まさに「サヴォイ」を彷彿とさせる味で、
おいしいです!

3934c37c-ffe0-4a48-9ec3-e20958faea0d

これは、ふきのとうとチーズのピッツァです。

0440dc88-d8c4-4e49-8db4-09534fa123c5

ワインとチーズのマリアージュ。

“ブロッコロ”もオススメです。

1b43b116-d658-4bbe-a0b8-d85440e52d39

このボリューム、ビジュアル。
フライドガーリックにオリーブオイルがたっぷりで、昇天するおいしさです。

インサラータ(サラダ)は、
4人でシェアしても満足な量で、コスパ最高です。

a2e15fbb-6ba4-4410-9f70-10dfd7852b95

メインの料理も本格的です。
豚肉のグリル、焼野菜添え

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

これまた、野菜もたっぷりで、大満足です。

パスタも・・・具材は本格的で、麺も変わってて・・・おいしいので、
最初にピッツァを味わって、〆はパスタというのもイイと思います。

74e3b3fb-5c56-4f64-bd66-6c01b612a5c7

元住吉駅前のブレーメン通り商店街の外れにあります。駅から徒歩5分以上はかかります。
でも、常に満席なので、
予約はマストですよ。
みなさんも、ぜひです!

ピッツエリア ファッブリカ トクマルピザ / 元住吉駅

夜総合点★★★★ 4.0

猫がいるワインバー、横浜駅/平沼橋駅「チャマ(cyama)」

横浜の情報を探してると、結構な確率で[はまれぽ.com]にあたります。
[はまれぽ]ってスゴイですよね。
このお店も、最初はそれで見つけたような。

チャマ (wine bar cyama) – 平沼橋/バー [食べログ]

写真 2015-05-02 20 56 06

“chama”でチャマだと思い込んでいたら、“cyama”なんですね。アテンション。

ネコのパピコ(猫種はメインクーン)が店長という設定の、
小さなワインバーです。

写真 2015-05-02 21 05 53

グラスでほとんど隠れていて恐縮ですが、
一番奥でなでられているのがパピコ店長です。

この子がホントおとなしくて、
この性格ゆえに、このお店の雰囲気が成立してるんだと思います。

個人的には、猫だけではなくて、
カウンターのみ6席という“小箱”感がツボでした。
(人間の・笑)マスターが気配りしてくれて、心地よく。

訪問した時も、女性のおひとり様がいましたが、
まさに、女子が一人でも入れるお店です。
メニューにガッツリ系のスイーツもあって。

ワインバーですが、
ビールも日本酒も厳選して置いてありましたよ。
でも、この日はワインを。

スパークリングに。

写真 2015-05-02 20 07 30

これがおもしろかったです。
ロゼワインにグレープフルーツ果汁が入ったもの。

写真 2015-05-02 20 31 48

飲みやすくてよかったです。

写真 2015-05-02 20 32 19

お通しのハーブクリームチーズが、意外やしっかりした量があって、
大満足でした。

大きな粒のオリーブに。

写真 2015-05-02 20 12 14

手作りジャンボソーセージは、
1本単位で注文できて。

写真 2015-05-02 20 41 08

ワインが進むラインナップです。

横浜駅からは徒歩15分ぐらい。ちょうどイイ感じです。

みなさんも、ぜひ!
ねこ好きはマストですよ!

チャマバー / 平沼橋駅戸部駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.0

ミシュラン・ビブグルマンの蕎麦屋、豪徳寺駅「あめこや」

ミシュランガイドの2014年版から新しく加わったカテゴリー、「ビブグルマン」。
主に1人あたり5000円以下で食事ができるコスパの良いお店が選ばれてます。

ちなみに、“ビブ”とは、ミシュランのキャラクター・ビバンダム君の愛称です。

ミシュランガイド2015年版のビブグルマンに掲載された蕎麦屋がこちら。

あめこや (AMECOYA) – 豪徳寺/そば [食べログ]

写真 2015-05-05 19 44 12

まずは、
お酒のバリエーションが豊富なのが、イイですね。
日本酒もあるし、女子が喜びそうな割りものもあるし。
この日は、日本酒をメインに。

まずは、「獺祭」の“初心”を。

写真 2015-05-05 17 13 03

2杯目に、じゃばら酒(柑橘類)をビールで割ったものを。

写真 2015-05-05 18 01 56

うん、よかったです。

3杯目は、「山形正宗」の“たむぎの”

写真 2015-05-05 18 31 49

天童市の田麦野(たむぎの)地区で生産した米を使ったものだそうで。

おつまみも秀逸でした。

まずは、お通しの蕎麦寿司。
真ん中に、大葉と蕎麦味噌が。

写真 2015-05-05 17 15 30

メニューはどれも気になる感じで、
選ぶのが大変でした。

おひたしの3種盛り
わらび、トマト、金時草(きんじそう)

写真 2015-05-05 17 23 00

蛤とふきのとうの酒蒸し

写真 2015-05-05 17 51 13

これがスマッシュヒットでした。
蕗の薹はグリルしてあるという小技も効いていて、蕗の薹の苦みと、
ハマグリから出たエキスの、その絡みあいが。
たまりませんでした。

あん肝の生姜煮

写真 2015-05-05 18 18 49

“季節の天ぷら”を注文したら、
この日は山菜メインで、どストライクでした。

写真 2015-05-05 18 37 41

たらの芽にこごみなど。

さて、〆の蕎麦。
この日はラッキー、
ふつうの“もり”を注文したら、
サービスで、2種盛りを出してもらえました。

写真 2015-05-05 19 10 45

左が北海道産、右が宮崎県都城産。
十割そばです。
色からして違いますが、風味や味の濃さもたしかに違って。
食べ比べって楽しいなぁ、と。

最後の最後の蕎麦湯。
ココのお店は、ドロッと系です。

写真 2015-05-05 19 21 43

蕎麦湯を飲むと、酔いが醒めるというか、
スーッと胃に収まっていく感じが好きです。

ちなみに、恋人は、温かい蕎麦の玉子とじで〆ていました。

写真 2015-05-05 19 08 08

玉子のボリュームがすごくて、これもおいしかったです。

 

ミシュランのビブグルマンに違いないお店でした。
みなさんもぜひぜひ!

ところで、
“蕎麦屋で飲むのはニッポンの文化です”と思ってる僕としては、
こんな蕎麦屋がもっと増えればなぁと願うばかりです!

 

あめこやそば(蕎麦) / 豪徳寺駅山下駅梅ケ丘駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

パリコレ★「PARIYA」渋谷東急フードショー店のお弁当コレクション

写真 2014-12-11 21 17 59

渋谷でお弁当と言ったら、ココがテッパンです。

食べたお弁当をコレクションしていきます。

(10)2015年5月3日

11184572_748225768624413_52287126_n

<メイン>黒豆納豆とチーズのネギ塩ポーク
<サラダ>季節野菜のバーニャカウダ
<サイド>新にんじんとひじきのナムル

納豆とチーズのネギ塩ポークは、ホントもう、殿堂入りですね。

(9)2015年4月17日

1516310_842059209176366_2088677448_n

<メイン>モッツァレラチーズ&バジルのイタリアンメンチカツ
<サラダ>焼き若竹と春野菜のサラダ ポン酢ジュレ
<サイド>スパゲッティナポリタン

イタリアンメンチカツは、1つがボリュームあって、それが2個。大満足でした。

(8)2015年3月23日

10661090_875278825827982_60000507_n

<メイン>チキンとキノコのマヨネーズストロガノフ
<サラダ>春野菜のスチームサラダ レモンクリーム
<サイド>ザーサイ焼きそば

マヨネーズストロガノフは、さほどマヨネーズの味はせず、それがよかったです。
今回は、3つのバランスがとにかくよかったなぁという印象。

(7)2015年3月13日

11017647_242445179259555_1239529083_n

・揚げ豚のガーリックソース
・グリンピース&スクランブルエッグ
・アンディ―ヴとレンコンのホワイトサラダ

揚げ豚には、パクチーが添えられていてラッキー(笑)。
ホワイトサラダは、たぶん豆腐やカッテージチーズで“ホワイト”部分を作っているかと。

(6)2015年1月16日

2014年に販売したお惣菜メニューの中からお客さん投票で選ばれた上位を、ベストヒットメニューとして結果発表する…
この週は、そのメニューでした。

写真 2015-01-16 21 14 56

・キャベツの七味コールスローを食べた太っちょイワシフライ
・アボカドとトマトのメキシカンサラダ ハラペーニョドレッシング
・ちくわの磯辺揚げ

太っちょイワシフライ、確かにおいしい!フライだけど、中がキャベツだからクドくなくて。キャベツのマヨ味、しんなり感もよく。付属を醤油かソースか選べる細やかさもグー。
メキシカンサラダ、上にトルティーヤチップスが乗って食感がナイス。ドレッシングも好みの味で。
さすがはベストヒットだなぁと唸った次第です。

(5)2015年1月9日

写真 2015-01-09 21 27 56

・豚肉のレッドカレー炒め
・ニラ玉焼き
・根菜のグリルとクルミの粒マスタードソース

根菜のグリル、グリルのフレーバーとマスタードソースのマッチングが秀逸でした。

(4)2014年12月25日

写真 2014-12-25 21 49 11

・鰆のチャイニーズグリル、焼き大根添え(下に敷かれてます)
・フライドポテト ハニーマスタードソース
・野菜のマリネ

野菜のマリネ、水分をよく吸う野菜は味がしゅんでておいしかったです。

(3)2014年12月18日

写真 2014-12-18 21 49 19

・細切り鶏肉とセロリの生姜炒め
・オイスターヌードル
・サワークリーム&オニオンリングのポテトサラダ

全部が好みの味で、おいしさに加えて、すごくハッピーでした!

(2)2014年12月11日

写真 2014-12-11 21 21 02

・タンドリーチキン アボカドクリーム
・フライドポテト コンソメ
・冬野菜の白和えサラダ

タンドリー~のクリームには、豆腐が使われてて。さっぱりいけました。

(1)2014年12月4日

tumblr_ngcxrdHctI1retn05o1_1280

・黒豆納豆とチーズのネギ塩ポーク
・フライドポテト ローズマリーソルト
・海藻と豆腐のヘルシーサラダ

黒豆納豆~、これは自分でも作ってみたいと思いました。

パリヤ 渋谷東急東横店アイスクリーム / 渋谷駅神泉駅
夜総合点★★★★ 4.0

“ヨコハマレモンハイ”を求めて…東急東横線・妙蓮寺駅「山口屋」

Instagramで、
“宇都宮のオススメの餃子屋を教えてください”と投稿したら、
栃木にお住いの @s.ayu0502 サンから初めてコメントをいただき・・・、

それで、 @s.ayu0502 サンの投稿を見てみたら、
#ヨコハマレモンハイ なるハッシュタグの付いた投稿がたくさんあって、
“何だこれは?栃木で?横浜?”と思い、いろいろと辿ってみると・・・、

@yamaguchiya2014 サン(マスター)にたどり着き、
“妙蓮寺駅の酒場でヨコハマレモンサワーなるものが飲める!” “うちから近いじゃん!” “山口屋!”と分かり・・・、

http://www.nikonikokai.com/xxizakaya.htm

早速、次の日、行ってきました。

こちらがヨコハマレモンハイ。

写真 2015-04-16 21 02 00

たしかに、これは今まで飲んできたレモンチューハイとはひと味違います!
上品というか、絶妙なバランス!
おいしいです!

また、
お店の雰囲気も、一人で軽く飲むのに最高で。
通いたくなりました。

宇都宮の餃子の話から、近所の横浜の酒場に展開したという、
インスタが繋いでくれだなんだか不思議な縁のお話なのでした・・・。

みなさんも、ヨコハマレモンハイ、ぜひ!