東横線・元住吉駅にピッツァの名店!「ファッブリカ1090(トクマル)」

モトスミでナンバー1なのはもちろん、
東横線沿線のグルメタウンのピッツェリアと比較しても名店と言えますよ、ココは。

ピッツエリア ファッブリカ トクマル (pizzeria fabbrica 1090) – 元住吉/ピザ [食べログ]

何よりお伝えしたいのは、
こちらのオーナーは、中目黒にある最高のピッツェリア「サヴォイ」(現店名「聖林館」)で腕を磨いたそうで。
ピザメニューは、マルゲリータとマリナーラがメインになっていて。

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

こちら、マリナーラ。
まさに「サヴォイ」を彷彿とさせる味で、
おいしいです!

3934c37c-ffe0-4a48-9ec3-e20958faea0d

これは、ふきのとうとチーズのピッツァです。

0440dc88-d8c4-4e49-8db4-09534fa123c5

ワインとチーズのマリアージュ。

“ブロッコロ”もオススメです。

1b43b116-d658-4bbe-a0b8-d85440e52d39

このボリューム、ビジュアル。
フライドガーリックにオリーブオイルがたっぷりで、昇天するおいしさです。

インサラータ(サラダ)は、
4人でシェアしても満足な量で、コスパ最高です。

a2e15fbb-6ba4-4410-9f70-10dfd7852b95

メインの料理も本格的です。
豚肉のグリル、焼野菜添え

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

これまた、野菜もたっぷりで、大満足です。

パスタも・・・具材は本格的で、麺も変わってて・・・おいしいので、
最初にピッツァを味わって、〆はパスタというのもイイと思います。

74e3b3fb-5c56-4f64-bd66-6c01b612a5c7

元住吉駅前のブレーメン通り商店街の外れにあります。駅から徒歩5分以上はかかります。
でも、常に満席なので、
予約はマストですよ。
みなさんも、ぜひです!

ピッツエリア ファッブリカ トクマルピザ / 元住吉駅

夜総合点★★★★ 4.0

猫がいるワインバー、横浜駅/平沼橋駅「チャマ(cyama)」

横浜の情報を探してると、結構な確率で[はまれぽ.com]にあたります。
[はまれぽ]ってスゴイですよね。
このお店も、最初はそれで見つけたような。

チャマ (wine bar cyama) – 平沼橋/バー [食べログ]

写真 2015-05-02 20 56 06

“chama”でチャマだと思い込んでいたら、“cyama”なんですね。アテンション。

ネコのパピコ(猫種はメインクーン)が店長という設定の、
小さなワインバーです。

写真 2015-05-02 21 05 53

グラスでほとんど隠れていて恐縮ですが、
一番奥でなでられているのがパピコ店長です。

この子がホントおとなしくて、
この性格ゆえに、このお店の雰囲気が成立してるんだと思います。

個人的には、猫だけではなくて、
カウンターのみ6席という“小箱”感がツボでした。
(人間の・笑)マスターが気配りしてくれて、心地よく。

訪問した時も、女性のおひとり様がいましたが、
まさに、女子が一人でも入れるお店です。
メニューにガッツリ系のスイーツもあって。

ワインバーですが、
ビールも日本酒も厳選して置いてありましたよ。
でも、この日はワインを。

スパークリングに。

写真 2015-05-02 20 07 30

これがおもしろかったです。
ロゼワインにグレープフルーツ果汁が入ったもの。

写真 2015-05-02 20 31 48

飲みやすくてよかったです。

写真 2015-05-02 20 32 19

お通しのハーブクリームチーズが、意外やしっかりした量があって、
大満足でした。

大きな粒のオリーブに。

写真 2015-05-02 20 12 14

手作りジャンボソーセージは、
1本単位で注文できて。

写真 2015-05-02 20 41 08

ワインが進むラインナップです。

横浜駅からは徒歩15分ぐらい。ちょうどイイ感じです。

みなさんも、ぜひ!
ねこ好きはマストですよ!

チャマバー / 平沼橋駅戸部駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.0

野毛で貴重なワインバル、「松澤ワイン食堂プチ」

横浜は桜木町駅の野毛エリアと言えば、
焼鳥屋というイメージだと思います。
そんな中で貴重なワインバルを見つけました。
いや、「オズマガジン」の横浜特集を見てなのですが。
こちら。

松澤ワイン食堂 プチ – 桜木町/ワインバー [食べログ]

イチバンの魅力は、
カウンター席のみで8席ほどというハコの大きさと、
そして、マスターがちゃんと目配りをして話しかけてくれるという、アットホームさです。
確実に、2回目からは、ひとりで行っても大丈夫ですね。女性でも。

この日は、2軒目の訪問だったので軽く…。

僕はスパークリングで。

写真 2015-03-28 19 43 37

店の奥にはワインセラーがあって。
そして、
マスターは、昔、某有名高級スーパーのワイン担当をしていたそうで。
セレクトは間違いないですね。

おつまみには、
グリーンアスパラガスのカラスミパウダーとポーチドエッグのせ、
パルミジャーノもトッピングして。

写真 2015-03-28 20 19 25

う~ん、ワインとバッチリ合いました。

マスターと、その高級スーパーを経てお店を出すまでの経歴の話になったんですが、
その計画性が、なんだか勉強になって印象に残ったのでした。

場所は、
野毛クラスタ向けに言うとw・・・
野毛ちかみちを上がってきて、野毛の中心部に向かう、
「若竹」(本店)のある道の、2つ左側の道にあります。

みなさんも、ぜひです。

OZmagazine (オズマガジン) 2015年 4月号 [雑誌]
Amazonで「オズマガジン2015年4月号」を探す
楽天市場で「オズマガジン2015年4月号」を探す

松澤ワイン食堂 プチワインバー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

マイ・ベスト3 とんかつ屋!

35歳になりましたが、
幸い、まだ、とんかつのロースでも胃もたれしません(笑)。
そして、最近、改めて、トンカツってうまいなぁと。

というわけで、
現時点でのマイベストなとんかつ屋さんTOP3をご紹介します。

【第1位】目黒駅「かつ壱」

上ロース
11055415_1564271667123578_493140264_n

脂のサシの入り具合が最高です。

加えて、
目黒駅はトンカツ屋激戦区、“とんかつ御三家”と呼ばれる名店があるということをお伝えしておきます。
ココもその1つです。

かつ壱 (かついち) – 目黒/とんかつ [食べログ]

【第2位】六本木駅・六本木ヒルズ「豚組食堂」

ロースとんかつ・リブロース
10914174_409530095888708_705416487_n

グラスワインがあります。
それにとんかつを合わせると・・・、
天にも昇るような気分に。
キャベツが別皿でドレッシングをかけて食べるスタイルだったり、
小ワザが効いてるところが高ポイントです。

豚組食堂 – 乃木坂/とんかつ [食べログ]

【第3位】大森駅「丸一」

とんかつ定食(ロース)
492953300

立地も含めて、“東京の老舗感”が。
わざわざ行かなくてもイイです、でも、
覚えておいてもらって、大森駅に寄る機会ができた時にはマストです。
そんな感じの。

丸一 (まるいち) – 大森/とんかつ [食べログ]

以上になります。
みなさんには、これらの豚カツ屋にぜひ!といった感じですし、
みなさんのイチ押しのトンカツ屋があれば、ぜひ教えてください。

かつ壱とんかつ / 目黒駅

昼総合点★★★★ 4.0

横浜・桜木町/馬車道の人気No.1イタリアン「ラ・テンダ・ロッサ」でクリスマスディナー

2014年のクリスマスは、恋人のリクエストに応えて、
こちらでクリスマスディナーを。

ラ・テンダ・ロッサ (la Tenda Rossa) – 馬車道/イタリアン [食べログ]

予約する時に調べてみたら、
関内あたりで一番有名な人気店で、高まりました。

クリスマスの特別コースは、1種類のみ。

写真 2014-12-22 20 21 23

ちなみに、料金は、
1人あたり、コースが8800円、プラス、コペルト(テーブルチャ―ジ)が450円。
ドリンク代は別と。

やっぱり、最初は泡で。

写真 2014-12-22 20 23 28

コースは、スープからスタート。
オリーブオイルを味わうためといった感じの。

写真 2014-12-22 20 25 55

続いて魚。
ヒメジのソテーと、野菜の付け合せ

写真 2014-12-22 20 38 56

ここまではあっさりきて、
ここから先がスゴかったです。

生ハムのピッツァは、生ハムとピッツァが別皿という演出からしてテンションが高まり…。

写真 2014-12-22 21 02 08

チーズも本気だし、生ハムも本気。
マリアージュとはこのこと。

写真 2014-12-22 21 03 21

素材の塩気と、オリーブオイルと、窯焼きの香ばしさと。

ここで確信したんですが、
このお店は、素材本来の味を楽しむ料理を出してくれます。

引き算の料理と言うか。
絶妙においしいです!

続いて、猪のラグーソースのトルテッリ
臭みは消えつつ、野趣あふれる味がして。

写真 2014-12-22 21 18 34

最後にメインの鴨肉の炭火焼き
最高峰と言われているフランスのシャラン産の鴨で。
ナイフを入れた時の弾力からして高まり…。

写真 2014-12-22 21 35 18

ムギュッ、ジュワ~ッと最高でした。

オーラス、デザートはモンブラン
濃厚でおししかった~。

写真 2014-12-22 22 09 27

というわけで、
大満足のクリスマスディナーでした。

写真 2014-12-22 22 22 29

みなさんも、今年(2015年)のクリスマスにぜひ!(11ヶ月先ですがw)

ラ・テンダ・ロッサイタリアン / 馬車道駅桜木町駅関内駅

夜総合点★★★★ 4.0

カルパッチョの妙味、ワインがすすむ、元住吉駅の「Ori Ori」

元住吉の5大レストランを、モトスミピープルに聞いたら、
この「ori ori」はランクイン間違いないですね。
(そして「オリエンタル」も。)

このブログでも、2度目の紹介になります。

魚系も肉系もどっちもいける!元住吉駅の≪オリエンタル≫系列のワインバル「ori ori(オリオリ)」

この日は、まず、
今年のシーズン初の生でした、牡蠣を。

写真 2014-11-29 18 38 14

この大ぶりの具合…、1個で大満足でした。

ところで、ココでは、
メニュー表の中の「今日のオリオリ!」(=本日の特製メニュー)のメニューを注文するのがテッパンです。
そこにいつも書かれているのがカルパッチョ。
使う魚貝が日によって変わります。

写真 2014-11-29 18 50 17

この日は、平貝(たいらがい)が。
この食感、大好きなんです。
カルパッチョソースは、醤油に、ガーリックも効いていて、おいしいです。

「今日のオリオリ!」からもう1品。
ウニとサラダ春菊のペペロンチーノ。

写真 2014-11-29 19 34 30

ウニのクセに、春菊のクセと、くぅ~ッ!
〆でありながら、ワインがはかどりました!

他には、
芝エビのフリット。

写真 2014-11-29 18 55 12

奥のグラスは、ビールじゃなくて、樽生シードルです。

クラッカーに、ドライトマトとクリームチーズのせ。

写真 2014-11-29 19 18 20

これが伏兵的にうまかったです。
クリームチーズにサーモンの味がして。(サーモンスプレッドみたいな感じで。)
ワインが進みました。

そうそう、
ココは、お通しが無くて(お通し代がかからなくて)。

写真 2014-12-01 11 56 51

こんなコスパ感です。

恋人を、初めて連れていったら、感動の域に達するほどにおいしいと言ってたので、
モトスミに住んでて良かったなぁと再認識したのでした。

みなさんも、元住吉駅まで来て、ぜひです!

オリオリイタリアン / 元住吉駅

夜総合点★★★★ 4.0

山梨・勝沼ぶどう郷駅のワインカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」

旅行じゃないと行かないところというのを踏まえて、
一帯がぶどう畑という“こんな土地があるんだ”感、
ぶどう畑の中に“こんなオシャレなレストランがあるんだ”感。
・・・そんなサプライズ感たっぷりの、カフェみたいな食事メニューと一緒にワインが飲めるお店です。

カーサ・ダ・ノーマ (Casa da Noma) – 勝沼ぶどう郷/カフェ [食べログ]

10月の、体育の日の3連休で、上高地トリップをしてきました。

写真 2014-10-12 13 46 08

その旅程で立ち寄りました。

ワイナリーを営んでいる「原茂ワイン」の園内にあります。

写真 2014-10-13 14 18 42

写真 2014-10-13 14 19 26

昔の蚕室を改装したそうです。
(林真理子ブログより → http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/201208/article_35.html

写真 2014-10-13 14 27 34

2階にあるんですが、窓からの景色も含めて、雰囲気はバツグンです。

ワインは、フレッシュな味の銘柄が多いように思います。

写真 2014-10-13 14 32 49

赤でも渋みがなかったです。
おいしいです。

そして、ワインに合わせるおつまみも秀逸です。

こちら“パンの気まぐれブランチ”というメニュー。

写真 2014-10-13 14 37 45

てんこ盛りで、コスパ最高です。

野菜に、パンに、チーズに、ソーセージにと。

写真 2014-10-13 14 34 33

写真 2014-10-13 15 01 28

ワインがすすみました。

〆にぶどうのタルトも食べて、フルコースとなりましたー。

写真 2014-10-13 15 43 42

訪問にはちょっとハードルが…。
まず、4月から11月いっぱまでが営業期間です。
冬は閉まってしまいます。
営業時間が、11時から夕方の17時までです。
ランチ、遅めのランチ、カフェとして考えてください。
勝沼ぶどう郷駅からのアクセスは…
歩くと30分ぐらいのようです。
市民バスで、最寄りのバス停まで行って(所要時間5分ほど)そこから歩くとスグです。が、バスの本数が少ないです。
タクシーで5分ほど。これが便利かと。

僕が行った時は、雨の日で、
・・・これまた、林真理子と同じシチュエーションで(笑) → http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/201408/article_29.html ・・・
12時半ぐらい電話をしたら“ウェイティングの人がいる”とのことでしたが、
13時半頃に着いた頃には待たずに座れて、のんびり過ごすことができました。

旅で味わうのにピッタリな時間です。
みなさんも、中央線の旅に出た際にはぜひぜひ!

横浜・桜木町・野毛のフレンチ「ビストロ ボクゥ」

野毛と言うと、焼鳥屋とかの居酒屋が並ぶイメージだと思いますが、
そんな通りの、ビルの2階に、隠れ家的に存在しているのが、
フレンチビストロの「beaucoup」。

ビストロ ボクゥ (beaucoup) – 桜木町/ビストロ [食べログ]

写真 2014-09-14 21 22 47

写真 2014-09-14 20 43 09

野毛らしからぬ落ち着いた雰囲気の店内で。
これはアクセント的にアリですね。

フレンチということで、スパークリングワイン(泡)を。

写真 2014-09-14 20 46 54

前菜メニューからニンジンのラぺを。

肉料理メニューからは、若鶏のソテーを。

写真 2014-09-14 21 05 25

うん、ハーブがきいててしっかりした味。

VOXSPICE オーガニック ローズマリーホール 15g×5袋 (Amazon)
Amazonでローズマリーを探す
楽天市場でローズマリーを探す


1日10食限定でフォアグラのソテーがお値打ち料金であったのが、気になりました。
次に行った時に食べてみたいなぁと。

野毛でハシゴ酒する際には、そのうちの1軒に加えるとよいかと。
みなさんもぜひぜひ。

野菜で酒のつまみ、にんじんのラぺの簡単レシピ

恋人が作ってくれるキャロットラぺが、スゴくおいしくて、
自分の中での殿堂入りメニューになってます!

9be0ba1ef467b34a2891bff900df8cc8

ラぺってどういう意味だろうと思って調べてみたら、フランス語で“すりおろす”という意味。
チーズグレーターのようなおろし器(スライサー)で千切り(細切り)にした人参を使ったサラダですね。
最近では、日持ちする常備菜として取り上げられたりも。
そのレシピを聞いたので紹介します。

<材料>
・人参
・パセリ
・オリーブオイル
・レモン汁
・塩、こしょう
”Selina Naturally Celtic Sea Salt And Pepper Grinder” セリーナナチュラリー ケルト・シー・ソルト(海塩51gと、黒粒胡椒31g)ミニ挽き器セット Selina Naturally (Amazon)
Amazonでソルト&ペッパーを探す
楽天市場でソルト&ペッパーを探す


食材のポイントしては、
生のパセリを使うのがベストだと思います。
やはり風味が、瓶詰めの乾燥パセリとは違いますね。

<作り方>
すった人参の太さによって、好みのしんなり具合になるまでのマリネの時間が変わってくるので、
好みのサラダ用千切りおろしスライサーを見つけるのが、最大のポイントだと思います。

ののじ サラダおろし お手軽ハンディタイプ LDS-01 レーベン販売 (Amazon)
Amazonで「にんじん 千切り スライサー」を探す
楽天市場で「にんじん 千切り スライサー」を探す


調理自体は、ニンジンを調味料であえて浸けるだけです。
スライサーで細切りにしたにんじんに、みじん切りに刻んだパセリも入れて、
塩とコショウ、レモン汁、オリーブオイルを好みの量入れて、混ぜます。
そのまま放置して、好みのしんなり具合になれば食べ時です。

アレンジとしては、ナッツ類を砕いていれたり、
レーズンを入れても。
横浜・野毛の「ビストロ beaucoup(ボクゥ)」で食べたにんじんラぺには、レーズンが入ってました。

写真 2014-09-14 20 46 54 (1)
この日は、白のスパークリングで。

ビストロ ボクゥ (beaucoup) – 桜木町/ビストロ [食べログ]

ホントにカンタンで、お酒がすすむので、
みなさんもぜひぜひ~!

==========
次回予告・・・
上述の野毛「ビストロ ボクゥ」のレビュー
もしくは
横浜にある奇跡のスープカレー屋
==========

父の日にお酒(日本酒/焼酎/ワイン)のプレゼントはいかがですか!?

今ではもう、
「あっもうすぐ父の日だ」と気付いたらスグに、プレゼントをネットでポチッと注文できるようになりました。
離れて暮らしていても、宅急便でスピーディーに届くようになりました。
便利な世の中になりましたね。
(当たり前だけど、しみじみ…。)

さて、今日は、
お酒が好きなお父さんなら、父の日にこんなプレゼントなんてどうでしょう?
というものをご紹介。


ボトル(瓶)に名入れをしたお酒が贈れる!
「ネーム イン ポエム」



ワイン、日本酒、焼酎があります。


岡山県の酒蔵
「板野酒造場」

名入れ、プラス、メッセージ入れ、そして花束ラッピングの商品があります。



お酒が飲めないお父さんには、カラダに良さそうな甘酒もあります。




お酒(日本酒・焼酎・ビール)を贈るのに併せて、オリジナルの焼き物(陶器)を贈るのもイイですよね。
滋賀県の信楽焼
「明山窯」



カップ(グラス)に、焼酎サーバーなどがあります。


激レアなプレミア焼酎のセレクトに特化したネットショップ酒店もあるんですね。

「プレミアムクラブ」




スタッフ全員がソムリエというのを打ち出しているワイン通販のショップもあります。
「ワインショップソムリエ」



さて、僕は・・・、
オヤジが全くお酒を飲めない人なので、
別の贈り物を探そうと思います(爆)。
みなさんは、ぜひ!