オレの好きな小麦ビール(白ビール/ヴァイツェン/ベルジャンホワイト)ベスト3

僕が、唯一、苦手なお酒、
それが、ニッポンのラガータイプのビールです。
いわゆる、アサヒ・スーパードライとかキリン・一番搾りとかサッポロ・黒ラベルとかサントリー・プレミアムモルツのような。
苦みがどうも好きになれないんです。

それもあって、
最近、苦みの少ない小麦のビールにハマっています。
白ビールとか、ヴァイツェン(ドイツ)とか、ベルジャンホワイト(ベルギー)とか色々な呼び方があって、狭義では種類が違うのかもしれませんが、
自分の中では全て同じもの、小麦系のビールとしています。

その中で、おすすめのBest3を紹介します。

1位:銀河高原ビール ヴァイツェンボック(WeizenBock)

小麦を通常品よりふんだんに使用しているということで、
リッチなマイルド感があります。
さらに、甘いフレーバーも豊かで、鼻と口と喉で飲みやすさと華やかさが味わえます。

2017年12月に発売された限定品ということで、毎年の発売、と言わず通年でのレギュラー化を期待したいわけですが、
仮にそうならなくても、3位で紹介しているレギュラー商品でも十分に満足できます。
銀河高原ビールは、小麦ビールに強みがありますね。

2位:THE軽井沢ビール 冬紀行

3位:銀河高原ビール 小麦のビール

 

小麦系のビールの中でも、逆に、個人的に“これは違うな”と感じたものもあって
・・・小麦は弱めでラガーのエッセンスが強い・・・、
それが、
ベアードビール(Baird Beer)の「Wheat King Wit」(ウィートキングウィット)と、

「グランドキリン」(GRAND KIRIN)の“WHITE ALE”(ホワイトエール)

です。

 

 

ベアードビール、メルボルンへ!

東京の中目黒と原宿、横浜の馬車道に「タップルーム」(レストラン)を営業している
ニッポンのクラフトビールメーカー『ベアードビール』

このメーカー、静岡県の修善寺に工場があって、
土日に工場見学ができます。
今年のお盆休み、見学日程が平日にも増えていたので・・・、


見学してきました。

写真 2015-08-13 14 29 07

見学では、ビールの製造工程を説明してもらったのですが、
詳細を忘れてしまったというのもあって(笑)、
写真のみ紹介しつつ、
印象に残ったところを紹介します。

写真 2015-08-13 12 57 02
原料の大麦麦芽。
様々な種類が。組み合わせが色・フレーバー・味の違いに。
写真 2015-08-13 12 58 17

写真 2015-08-13 12 35 25
原料のホップ。
押し固めたチップを使っているメーカーが多いが、
収穫した状態のままのホップを使うことにこだわっているとのこと。

写真 2015-08-13 12 33 37
麦芽を粉砕する機会

写真 2015-08-13 12 37 37
糖分がアルコールに変わるので、度数の高い銘柄には砂糖も混ぜるとのこと。

写真 2015-08-13 12 39 36
麦汁を煮出す釜
写真 2015-08-13 12 41 34

写真 2015-08-13 12 43 07
発酵前、麦汁の糖度を計る機械

写真 2015-08-13 12 43 48
発酵タンク

写真 2015-08-13 12 50 28
アルミ樽を洗浄して、できあがったビールを詰める機械

写真 2015-08-13 12 51 13
瓶詰めにする際の機械

写真 2015-08-13 12 51 38
瓶ビールの出荷ケース

写真 2015-08-13 12 54 08
水色の方はプラスチックの樽で、海外出荷用。(リターナブルではないので。)

ベアードの季節限定のフルーツフレーバーのビールが大好きなのですが、
“果実の下準備は、機械できないので、みんなで手作業でしている”と、
絞り器を見せてくれたり。

“材料まで全て国産のビールを作りたい”と、
“敷地内の庭で今年はホップを育てました”とか。

案内してくれた方の表情が印象的だったんですが、
好きで情熱を持ってビールを作っているんだなぁ、
と感じられました。

そして、最後に、
“ベアードビールのタップルームが、年内にメルボルンに出店する予定です”とのコメントが。
おぉっ!世界のベアードに!

写真 2015-08-13 13 07 58
奥もベアードビールの敷地で、
ホップが育っている畑も見えました。
飲んだのは、日本物語エール<梅のフルーツビール>です。

工場の建物は、1・2階が工場部分で、
3階が、ガラス張りで工場部分が見下ろせるようになっていて、
そこにタップルームがあります。
ここは、工場ゆえ料理を提供していない(ナッツ程度はある)ので、
食べ物が持ち込み自由というのも、これまた一興なんです。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺 – 修善寺/ビアバー [食べログ]

修善寺駅と三島駅のあいだは伊豆急行線で、
三島駅から東海道線で1駅の沼津駅、
沼津駅からバスで沼津港に行くと、
そこには、ベアードビールの「沼津タップルーム」が。

沼津フィッシュマーケットタップルーム (Numazu Fishmarket Taproom) – 沼津/ビアバー [食べログ]

写真 2015-08-13 18 50 53

今はレストランだけですが、
昔ここで醸造していたそうです。
「タップルーム」、店舗ごとにウリの料理が違うのですが、
ココでは、サバサンドを!

写真 2015-08-13 19 06 57

衝撃のうまさでした!
これを食べにわざわざここまで来る価値アリです!

みなさんも、『ベアードビール』、ぜひぜひ!

ミシュラン・ビブグルマンの蕎麦屋、豪徳寺駅「あめこや」

ミシュランガイドの2014年版から新しく加わったカテゴリー、「ビブグルマン」。
主に1人あたり5000円以下で食事ができるコスパの良いお店が選ばれてます。

ちなみに、“ビブ”とは、ミシュランのキャラクター・ビバンダム君の愛称です。

ミシュランガイド2015年版のビブグルマンに掲載された蕎麦屋がこちら。

あめこや (AMECOYA) – 豪徳寺/そば [食べログ]

写真 2015-05-05 19 44 12

まずは、
お酒のバリエーションが豊富なのが、イイですね。
日本酒もあるし、女子が喜びそうな割りものもあるし。
この日は、日本酒をメインに。

まずは、「獺祭」の“初心”を。

写真 2015-05-05 17 13 03

2杯目に、じゃばら酒(柑橘類)をビールで割ったものを。

写真 2015-05-05 18 01 56

うん、よかったです。

3杯目は、「山形正宗」の“たむぎの”

写真 2015-05-05 18 31 49

天童市の田麦野(たむぎの)地区で生産した米を使ったものだそうで。

おつまみも秀逸でした。

まずは、お通しの蕎麦寿司。
真ん中に、大葉と蕎麦味噌が。

写真 2015-05-05 17 15 30

メニューはどれも気になる感じで、
選ぶのが大変でした。

おひたしの3種盛り
わらび、トマト、金時草(きんじそう)

写真 2015-05-05 17 23 00

蛤とふきのとうの酒蒸し

写真 2015-05-05 17 51 13

これがスマッシュヒットでした。
蕗の薹はグリルしてあるという小技も効いていて、蕗の薹の苦みと、
ハマグリから出たエキスの、その絡みあいが。
たまりませんでした。

あん肝の生姜煮

写真 2015-05-05 18 18 49

“季節の天ぷら”を注文したら、
この日は山菜メインで、どストライクでした。

写真 2015-05-05 18 37 41

たらの芽にこごみなど。

さて、〆の蕎麦。
この日はラッキー、
ふつうの“もり”を注文したら、
サービスで、2種盛りを出してもらえました。

写真 2015-05-05 19 10 45

左が北海道産、右が宮崎県都城産。
十割そばです。
色からして違いますが、風味や味の濃さもたしかに違って。
食べ比べって楽しいなぁ、と。

最後の最後の蕎麦湯。
ココのお店は、ドロッと系です。

写真 2015-05-05 19 21 43

蕎麦湯を飲むと、酔いが醒めるというか、
スーッと胃に収まっていく感じが好きです。

ちなみに、恋人は、温かい蕎麦の玉子とじで〆ていました。

写真 2015-05-05 19 08 08

玉子のボリュームがすごくて、これもおいしかったです。

 

ミシュランのビブグルマンに違いないお店でした。
みなさんもぜひぜひ!

ところで、
“蕎麦屋で飲むのはニッポンの文化です”と思ってる僕としては、
こんな蕎麦屋がもっと増えればなぁと願うばかりです!

 

あめこやそば(蕎麦) / 豪徳寺駅山下駅梅ケ丘駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

ジャンボなのにしっかりうまい焼餃子なら「銀座天龍」

食べ物のジャンボと聞くと、見た目だけで味は大味なイメージがないですか?
でも、「天龍」の焼餃子は、
大きさにもビックリできて、かつ、
味もおいしいんです。

銀座天龍 (ギンザテンリュウ) – 銀座一丁目/餃子 [食べログ]

写真 2014-11-30 13 44 41

大きさは、間違いなく“うぉっ!”と声が出てしまうレベルです。
大きいので、餃子1人前(8個)、これだけで満腹になれます。
噛めば、肉汁がブワァ~ッと。
でも、ニンニクは使われていないので、その面ではさっぱりいただけます。
肉と野菜のバランスが絶妙なんでしょうね。
仮に毎日食べても、飽きない味だと思います。

昼間は、行列ができていますが、流れるのは早いです。

写真 2014-11-30 13 30 32

昼間は、入店の際、先にメニューを決めてお金を払う食券制なので、
並んでいるあいだに相談しておきましょう。

写真 2014-11-30 13 36 16

銀座に餃子でおいしい店があるんだ!っていう意外性も含めて、
みなさんも銀ブラの際にはぜひ~。

銀座天龍餃子 / 銀座一丁目駅銀座駅京橋駅

昼総合点★★★★ 4.0

新逗子駅のオシャレまったりカフェ「ビーチ・マフィン」でヨロッコビールを飲む!

夏ですね!
というわけで、逗子・葉山を散策してきました。

まずは、「Double Sandwich(ダブル サンドウィッチ)」でランチを。

http://wfactory.jp/wsandwich

zushi001

B.L.T.Aサンド・・・そう、A=アボカドです。
白ワインで。

このサンドイッチ屋さんは森戸海岸の方にあって、
森戸海岸から逗子駅の方まで、歩いて散策して帰ってきたんです。

zushi002

海街ってステキだなぁ、と。

夕暮れ時になり、「Beach Muffin」へ。
http://www.beachmuffin.net/Beach_Muffin/home.html

JR・逗子駅/京急・新逗子駅から徒歩10分強のところにあります。
こちらは、ビーガンスイーツがウリのカフェなのですが・・・
同じく逗子にあるマイクロブリュワリー「ヨロッコビール」のタップルームにもなっています。

zushi003

タップルームとは・・・
タップとは、ビールの出てくる注ぎ口のこと。
直訳すると“ビールの注ぎ口がある部屋”。
ビールの作り手が、お客さんに提供するところまで自分たちの手で、といったこだわりを持って作られた“飲む場所”といった感じでしょうか。

zushi004

店の奥に、板の間にソファーという雰囲気のイイ空間が広がっています。
このソファー席がベストかと。

ヨロッコビールの、いくつかのフレーバーが楽しめます。

zushi005

おつまみもいくつかあります。
どれもビールにバツグンだなぁというラインナップでさすがです。
この日は、ランチが遅めでおなかいっぱいだったので、
ミックスオリーブだけで。

夏、外を歩いたあとで、落ち着いた空間でゆったりビールを飲む・・・
なんて至福なんでしょう。
みなさんも、ぜひ!

逗子散策、オススメです!

横浜中華街で水餃子のランキング自分的にNo.1のお店「山東」

餃子って、無性に焼餃子が食べたい時もあれば、水餃子が食べたい時もあって。
“焼”と“水”では全く別の料理ですよね。

そんな水餃子が食べたくなった時は、
泣く子も黙る横浜・中華街、ここにおすすめのお店があります。

「中国家庭料理 山東(さんとん)」

ネットで検索すると、新館とか本館とか1号店とか2号店とかいろいろな言い方が混在して出てきて、どこにどの店舗があるのか分からないのですが、
どこかの店舗を地図で調べて、その辺りを歩いているといくつも店舗が見つかるのでご安心ください。

こちらが水餃子!

2014-07-01-11-15-55

もちっとした皮、それを噛めば肉汁が溢れてきて、
中身はしっかり肉の味がするしニラの味もするしで。
パーフェクトなバランスといった具合です。

そして、注目は、ココナッツが大量に入ったタレです。(肝心の写真が無くてすいません・汗)
これをたっぷりつけて食べてこそ、味のバランスが最高になります。

あと、
水餃子…本場の中華料理…と言えば、
青島ビールですよね。
♪ビールで一気に流し込み~・・・まさにそんな具合で、気分も最高です。

青島ビール330ml瓶(24本入) 日本ビール「輸入ビール」 イズミックワールド (楽天市場)
楽天市場で「青島ビール」を探す
Amazonで「青島ビール」を探す


横浜中華街のイイところって、歩いてすぐ山下公園とか大さん橋があることだと思うんです。
デートにもってこいですよ!
みなさんも、ぜひぜひ~!