オレの好きな小麦ビール(白ビール/ヴァイツェン/ベルジャンホワイト)ベスト3

僕が、唯一、苦手なお酒、
それが、ニッポンのラガータイプのビールです。
いわゆる、アサヒ・スーパードライとかキリン・一番搾りとかサッポロ・黒ラベルとかサントリー・プレミアムモルツのような。
苦みがどうも好きになれないんです。

それもあって、
最近、苦みの少ない小麦のビールにハマっています。
白ビールとか、ヴァイツェン(ドイツ)とか、ベルジャンホワイト(ベルギー)とか色々な呼び方があって、狭義では種類が違うのかもしれませんが、
自分の中では全て同じもの、小麦系のビールとしています。

その中で、おすすめのBest3を紹介します。

1位:銀河高原ビール ヴァイツェンボック(WeizenBock)

小麦を通常品よりふんだんに使用しているということで、
リッチなマイルド感があります。
さらに、甘いフレーバーも豊かで、鼻と口と喉で飲みやすさと華やかさが味わえます。

2017年12月に発売された限定品ということで、毎年の発売、と言わず通年でのレギュラー化を期待したいわけですが、
仮にそうならなくても、3位で紹介しているレギュラー商品でも十分に満足できます。
銀河高原ビールは、小麦ビールに強みがありますね。

2位:THE軽井沢ビール 冬紀行

3位:銀河高原ビール 小麦のビール

 

小麦系のビールの中でも、逆に、個人的に“これは違うな”と感じたものもあって
・・・小麦は弱めでラガーのエッセンスが強い・・・、
それが、
ベアードビール(Baird Beer)の「Wheat King Wit」(ウィートキングウィット)と、

「グランドキリン」(GRAND KIRIN)の“WHITE ALE”(ホワイトエール)

です。

 

 

自宅で「天羽の梅」を使った【下町焼酎ハイボール】を

言わずもがな、下町焼酎ハイボールは大好きなわけですが・・・、

“ネオ酒場”というジャンルになるのでしょうか、西小山駅の「タヰヨウ酒場」で、
焼酎ハイボール(下町エキス入り)を飲んだのが、印象に残って、


今回、自宅で作ってみようと思ったのでした。

まずは、
そのエキスである「天羽の梅」を、ネットショッピングするところからなのですが、
ご覧の通り、3種類あります。

何も考えなければ、ボール用の赤ラベルを買うところなんですが、
「タイヨウ酒場」の焼酎ハイボールが、明らかに色が濃かったんですよね。
これは赤ラベルではないと思い、
狙って青ラベルを買いました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-28-21-35-50

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-28-21-36-19

金宮焼酎とはもちろん、トリスウイスキーなどとも、
さまざまな比率で割って混合液(焼酎ハイボールの素)を作りました。

その中から、これは・・・

・・・キンミヤ焼酎:天羽の梅を2:1で合わせた混合液を、混合液:炭酸=1:1で割ったものです。
この色味と味わいは、「タヰヨウ酒場」で飲んだものと一緒です。
「タイヨウ酒場」はやっぱ青ラベルを使っているかと。

ベアードビール、メルボルンへ!

東京の中目黒と原宿、横浜の馬車道に「タップルーム」(レストラン)を営業している
ニッポンのクラフトビールメーカー『ベアードビール』

このメーカー、静岡県の修善寺に工場があって、
土日に工場見学ができます。
今年のお盆休み、見学日程が平日にも増えていたので・・・、


見学してきました。

写真 2015-08-13 14 29 07

見学では、ビールの製造工程を説明してもらったのですが、
詳細を忘れてしまったというのもあって(笑)、
写真のみ紹介しつつ、
印象に残ったところを紹介します。

写真 2015-08-13 12 57 02
原料の大麦麦芽。
様々な種類が。組み合わせが色・フレーバー・味の違いに。
写真 2015-08-13 12 58 17

写真 2015-08-13 12 35 25
原料のホップ。
押し固めたチップを使っているメーカーが多いが、
収穫した状態のままのホップを使うことにこだわっているとのこと。

写真 2015-08-13 12 33 37
麦芽を粉砕する機会

写真 2015-08-13 12 37 37
糖分がアルコールに変わるので、度数の高い銘柄には砂糖も混ぜるとのこと。

写真 2015-08-13 12 39 36
麦汁を煮出す釜
写真 2015-08-13 12 41 34

写真 2015-08-13 12 43 07
発酵前、麦汁の糖度を計る機械

写真 2015-08-13 12 43 48
発酵タンク

写真 2015-08-13 12 50 28
アルミ樽を洗浄して、できあがったビールを詰める機械

写真 2015-08-13 12 51 13
瓶詰めにする際の機械

写真 2015-08-13 12 51 38
瓶ビールの出荷ケース

写真 2015-08-13 12 54 08
水色の方はプラスチックの樽で、海外出荷用。(リターナブルではないので。)

ベアードの季節限定のフルーツフレーバーのビールが大好きなのですが、
“果実の下準備は、機械できないので、みんなで手作業でしている”と、
絞り器を見せてくれたり。

“材料まで全て国産のビールを作りたい”と、
“敷地内の庭で今年はホップを育てました”とか。

案内してくれた方の表情が印象的だったんですが、
好きで情熱を持ってビールを作っているんだなぁ、
と感じられました。

そして、最後に、
“ベアードビールのタップルームが、年内にメルボルンに出店する予定です”とのコメントが。
おぉっ!世界のベアードに!

写真 2015-08-13 13 07 58
奥もベアードビールの敷地で、
ホップが育っている畑も見えました。
飲んだのは、日本物語エール<梅のフルーツビール>です。

工場の建物は、1・2階が工場部分で、
3階が、ガラス張りで工場部分が見下ろせるようになっていて、
そこにタップルームがあります。
ここは、工場ゆえ料理を提供していない(ナッツ程度はある)ので、
食べ物が持ち込み自由というのも、これまた一興なんです。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺 – 修善寺/ビアバー [食べログ]

修善寺駅と三島駅のあいだは伊豆急行線で、
三島駅から東海道線で1駅の沼津駅、
沼津駅からバスで沼津港に行くと、
そこには、ベアードビールの「沼津タップルーム」が。

沼津フィッシュマーケットタップルーム (Numazu Fishmarket Taproom) – 沼津/ビアバー [食べログ]

写真 2015-08-13 18 50 53

今はレストランだけですが、
昔ここで醸造していたそうです。
「タップルーム」、店舗ごとにウリの料理が違うのですが、
ココでは、サバサンドを!

写真 2015-08-13 19 06 57

衝撃のうまさでした!
これを食べにわざわざここまで来る価値アリです!

みなさんも、『ベアードビール』、ぜひぜひ!

東横線沿線に残る昭和の中華料理屋、学芸大学駅の「二葉」

学芸大学駅の改札を出たスグ脇に、
なぜかここだけ緑が生い茂っている、赤いテントの、“いかにも”な中華屋が。

写真 2015-08-01 16 47 25

入ると、意外や広く、
(パイプ椅子・テーブルなのはご愛嬌といったところか、)
店内の角の高いところにテレビがあって、
昭和の雰囲気が漂ってます。

11312560_868680693221300_1386750626_n

イチバンの“昭和”感は、メニュー。
中華料理に混じって、
オムライスやカレーや目玉焼きが。

写真 2015-08-01 16 19 24

こういう中華料理屋ってたまにありますよね~。
食べる前のここまでの雰囲気で、すでに合格点って感じです。

写真 2015-08-01 16 18 59

お酒のメニューは、ビールと日本酒だけというシンプルさ。

この日は、肉うま煮にライスを付けました。

11311289_849949728393531_774296087_n

漬物やスープも付いてきました。

味もバッチリです。
このとろみのテカっている部分、ここのオイリーさでライスがバクバクすすみました!

次は、オムライスや目玉焼きを食べてみようと思います。

オシャレなイメージの東横線沿線、それも学芸大学駅のそばに、
こんな昭和な中華屋が残っているなんて。
このノスタルジーは秀逸です。
みなさんも、ぜひ!

東京都で「王祿」が買える酒屋、祐天寺駅の「ますもと」

学芸大学駅に引っ越して、
会社からの通勤ルートで熱い酒屋は無いかなぁと探したら、
見つかりました。

東急東横線・祐天寺駅にある酒屋「ますもと」です。

写真 2015-07-12 16 45 36

ホームページ
ブログ
Facebookページ

店内は、
1升瓶の冷蔵庫が一番の大きさを占めていて、
その隣りに4合瓶の冷蔵庫が。
そして、
その隣りに、「王祿」(王禄)専用の小さな冷蔵庫が。
「王祿」のいろいろなラインナップが揃えられていました。

初回の訪問では、その「王祿」を購入。

11378381_750465108395812_498496224_n

王祿<八〇(ハチマル)>生原酒

写真 2015-07-03 22 38 55

あえて低精米(80%)でおいしさを追求した一品で、
米作りにものすごくこだわったものとのこと。
たしかに、80%でこの味がという驚きはありました。

瓶に、“特約店”のシールが。

写真 2015-07-03 22 38 43

2度目の訪問では、
初めて見た「鳩正宗」があったので、
夏らしい花火ラベルも手伝って、
<発泡純米>を購入。

11324386_801332656640876_1405122830_n

夏限定商品だそうです。
うん、シュワッと爽快です。

というわけで、
「王祿」は欲しい方は「ますもと」までぜひ、ですし、
そうでなくても、東横線にお住まいの方は一度はぜひといった感じです。

東横線・元住吉駅にピッツァの名店!「ファッブリカ1090(トクマル)」

モトスミでナンバー1なのはもちろん、
東横線沿線のグルメタウンのピッツェリアと比較しても名店と言えますよ、ココは。

ピッツエリア ファッブリカ トクマル (pizzeria fabbrica 1090) – 元住吉/ピザ [食べログ]

何よりお伝えしたいのは、
こちらのオーナーは、中目黒にある最高のピッツェリア「サヴォイ」(現店名「聖林館」)で腕を磨いたそうで。
ピザメニューは、マルゲリータとマリナーラがメインになっていて。

e34bf135-c2cb-4796-878a-7e807a1e31e0

こちら、マリナーラ。
まさに「サヴォイ」を彷彿とさせる味で、
おいしいです!

3934c37c-ffe0-4a48-9ec3-e20958faea0d

これは、ふきのとうとチーズのピッツァです。

0440dc88-d8c4-4e49-8db4-09534fa123c5

ワインとチーズのマリアージュ。

“ブロッコロ”もオススメです。

1b43b116-d658-4bbe-a0b8-d85440e52d39

このボリューム、ビジュアル。
フライドガーリックにオリーブオイルがたっぷりで、昇天するおいしさです。

インサラータ(サラダ)は、
4人でシェアしても満足な量で、コスパ最高です。

a2e15fbb-6ba4-4410-9f70-10dfd7852b95

メインの料理も本格的です。
豚肉のグリル、焼野菜添え

5ae9d0a5-c3ab-4cb2-a628-80dc4c723408

これまた、野菜もたっぷりで、大満足です。

パスタも・・・具材は本格的で、麺も変わってて・・・おいしいので、
最初にピッツァを味わって、〆はパスタというのもイイと思います。

74e3b3fb-5c56-4f64-bd66-6c01b612a5c7

元住吉駅前のブレーメン通り商店街の外れにあります。駅から徒歩5分以上はかかります。
でも、常に満席なので、
予約はマストですよ。
みなさんも、ぜひです!

ピッツエリア ファッブリカ トクマルピザ / 元住吉駅

夜総合点★★★★ 4.0

猫がいるワインバー、横浜駅/平沼橋駅「チャマ(cyama)」

横浜の情報を探してると、結構な確率で[はまれぽ.com]にあたります。
[はまれぽ]ってスゴイですよね。
このお店も、最初はそれで見つけたような。

チャマ (wine bar cyama) – 平沼橋/バー [食べログ]

写真 2015-05-02 20 56 06

“chama”でチャマだと思い込んでいたら、“cyama”なんですね。アテンション。

ネコのパピコ(猫種はメインクーン)が店長という設定の、
小さなワインバーです。

写真 2015-05-02 21 05 53

グラスでほとんど隠れていて恐縮ですが、
一番奥でなでられているのがパピコ店長です。

この子がホントおとなしくて、
この性格ゆえに、このお店の雰囲気が成立してるんだと思います。

個人的には、猫だけではなくて、
カウンターのみ6席という“小箱”感がツボでした。
(人間の・笑)マスターが気配りしてくれて、心地よく。

訪問した時も、女性のおひとり様がいましたが、
まさに、女子が一人でも入れるお店です。
メニューにガッツリ系のスイーツもあって。

ワインバーですが、
ビールも日本酒も厳選して置いてありましたよ。
でも、この日はワインを。

スパークリングに。

写真 2015-05-02 20 07 30

これがおもしろかったです。
ロゼワインにグレープフルーツ果汁が入ったもの。

写真 2015-05-02 20 31 48

飲みやすくてよかったです。

写真 2015-05-02 20 32 19

お通しのハーブクリームチーズが、意外やしっかりした量があって、
大満足でした。

大きな粒のオリーブに。

写真 2015-05-02 20 12 14

手作りジャンボソーセージは、
1本単位で注文できて。

写真 2015-05-02 20 41 08

ワインが進むラインナップです。

横浜駅からは徒歩15分ぐらい。ちょうどイイ感じです。

みなさんも、ぜひ!
ねこ好きはマストですよ!

チャマバー / 平沼橋駅戸部駅高島町駅

夜総合点★★★★ 4.0

ミシュラン・ビブグルマンの蕎麦屋、豪徳寺駅「あめこや」

ミシュランガイドの2014年版から新しく加わったカテゴリー、「ビブグルマン」。
主に1人あたり5000円以下で食事ができるコスパの良いお店が選ばれてます。

ちなみに、“ビブ”とは、ミシュランのキャラクター・ビバンダム君の愛称です。

ミシュランガイド2015年版のビブグルマンに掲載された蕎麦屋がこちら。

あめこや (AMECOYA) – 豪徳寺/そば [食べログ]

写真 2015-05-05 19 44 12

まずは、
お酒のバリエーションが豊富なのが、イイですね。
日本酒もあるし、女子が喜びそうな割りものもあるし。
この日は、日本酒をメインに。

まずは、「獺祭」の“初心”を。

写真 2015-05-05 17 13 03

2杯目に、じゃばら酒(柑橘類)をビールで割ったものを。

写真 2015-05-05 18 01 56

うん、よかったです。

3杯目は、「山形正宗」の“たむぎの”

写真 2015-05-05 18 31 49

天童市の田麦野(たむぎの)地区で生産した米を使ったものだそうで。

おつまみも秀逸でした。

まずは、お通しの蕎麦寿司。
真ん中に、大葉と蕎麦味噌が。

写真 2015-05-05 17 15 30

メニューはどれも気になる感じで、
選ぶのが大変でした。

おひたしの3種盛り
わらび、トマト、金時草(きんじそう)

写真 2015-05-05 17 23 00

蛤とふきのとうの酒蒸し

写真 2015-05-05 17 51 13

これがスマッシュヒットでした。
蕗の薹はグリルしてあるという小技も効いていて、蕗の薹の苦みと、
ハマグリから出たエキスの、その絡みあいが。
たまりませんでした。

あん肝の生姜煮

写真 2015-05-05 18 18 49

“季節の天ぷら”を注文したら、
この日は山菜メインで、どストライクでした。

写真 2015-05-05 18 37 41

たらの芽にこごみなど。

さて、〆の蕎麦。
この日はラッキー、
ふつうの“もり”を注文したら、
サービスで、2種盛りを出してもらえました。

写真 2015-05-05 19 10 45

左が北海道産、右が宮崎県都城産。
十割そばです。
色からして違いますが、風味や味の濃さもたしかに違って。
食べ比べって楽しいなぁ、と。

最後の最後の蕎麦湯。
ココのお店は、ドロッと系です。

写真 2015-05-05 19 21 43

蕎麦湯を飲むと、酔いが醒めるというか、
スーッと胃に収まっていく感じが好きです。

ちなみに、恋人は、温かい蕎麦の玉子とじで〆ていました。

写真 2015-05-05 19 08 08

玉子のボリュームがすごくて、これもおいしかったです。

 

ミシュランのビブグルマンに違いないお店でした。
みなさんもぜひぜひ!

ところで、
“蕎麦屋で飲むのはニッポンの文化です”と思ってる僕としては、
こんな蕎麦屋がもっと増えればなぁと願うばかりです!

 

あめこやそば(蕎麦) / 豪徳寺駅山下駅梅ケ丘駅
夜総合点★★★★ 4.0

 

“ヨコハマレモンハイ”を求めて…東急東横線・妙蓮寺駅「山口屋」

Instagramで、
“宇都宮のオススメの餃子屋を教えてください”と投稿したら、
栃木にお住いの @s.ayu0502 サンから初めてコメントをいただき・・・、

それで、 @s.ayu0502 サンの投稿を見てみたら、
#ヨコハマレモンハイ なるハッシュタグの付いた投稿がたくさんあって、
“何だこれは?栃木で?横浜?”と思い、いろいろと辿ってみると・・・、

@yamaguchiya2014 サン(マスター)にたどり着き、
“妙蓮寺駅の酒場でヨコハマレモンサワーなるものが飲める!” “うちから近いじゃん!” “山口屋!”と分かり・・・、

http://www.nikonikokai.com/xxizakaya.htm

早速、次の日、行ってきました。

こちらがヨコハマレモンハイ。

写真 2015-04-16 21 02 00

たしかに、これは今まで飲んできたレモンチューハイとはひと味違います!
上品というか、絶妙なバランス!
おいしいです!

また、
お店の雰囲気も、一人で軽く飲むのに最高で。
通いたくなりました。

宇都宮の餃子の話から、近所の横浜の酒場に展開したという、
インスタが繋いでくれだなんだか不思議な縁のお話なのでした・・・。

みなさんも、ヨコハマレモンハイ、ぜひ!

野毛で貴重なワインバル、「松澤ワイン食堂プチ」

横浜は桜木町駅の野毛エリアと言えば、
焼鳥屋というイメージだと思います。
そんな中で貴重なワインバルを見つけました。
いや、「オズマガジン」の横浜特集を見てなのですが。
こちら。

松澤ワイン食堂 プチ – 桜木町/ワインバー [食べログ]

イチバンの魅力は、
カウンター席のみで8席ほどというハコの大きさと、
そして、マスターがちゃんと目配りをして話しかけてくれるという、アットホームさです。
確実に、2回目からは、ひとりで行っても大丈夫ですね。女性でも。

この日は、2軒目の訪問だったので軽く…。

僕はスパークリングで。

写真 2015-03-28 19 43 37

店の奥にはワインセラーがあって。
そして、
マスターは、昔、某有名高級スーパーのワイン担当をしていたそうで。
セレクトは間違いないですね。

おつまみには、
グリーンアスパラガスのカラスミパウダーとポーチドエッグのせ、
パルミジャーノもトッピングして。

写真 2015-03-28 20 19 25

う~ん、ワインとバッチリ合いました。

マスターと、その高級スーパーを経てお店を出すまでの経歴の話になったんですが、
その計画性が、なんだか勉強になって印象に残ったのでした。

場所は、
野毛クラスタ向けに言うとw・・・
野毛ちかみちを上がってきて、野毛の中心部に向かう、
「若竹」(本店)のある道の、2つ左側の道にあります。

みなさんも、ぜひです。

OZmagazine (オズマガジン) 2015年 4月号 [雑誌]
Amazonで「オズマガジン2015年4月号」を探す
楽天市場で「オズマガジン2015年4月号」を探す

松澤ワイン食堂 プチワインバー / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

マイ・ベスト3 とんかつ屋!

35歳になりましたが、
幸い、まだ、とんかつのロースでも胃もたれしません(笑)。
そして、最近、改めて、トンカツってうまいなぁと。

というわけで、
現時点でのマイベストなとんかつ屋さんTOP3をご紹介します。

【第1位】目黒駅「かつ壱」

上ロース
11055415_1564271667123578_493140264_n

脂のサシの入り具合が最高です。

加えて、
目黒駅はトンカツ屋激戦区、“とんかつ御三家”と呼ばれる名店があるということをお伝えしておきます。
ココもその1つです。

かつ壱 (かついち) – 目黒/とんかつ [食べログ]

【第2位】六本木駅・六本木ヒルズ「豚組食堂」

ロースとんかつ・リブロース
10914174_409530095888708_705416487_n

グラスワインがあります。
それにとんかつを合わせると・・・、
天にも昇るような気分に。
キャベツが別皿でドレッシングをかけて食べるスタイルだったり、
小ワザが効いてるところが高ポイントです。

豚組食堂 – 乃木坂/とんかつ [食べログ]

【第3位】大森駅「丸一」

とんかつ定食(ロース)
492953300

立地も含めて、“東京の老舗感”が。
わざわざ行かなくてもイイです、でも、
覚えておいてもらって、大森駅に寄る機会ができた時にはマストです。
そんな感じの。

丸一 (まるいち) – 大森/とんかつ [食べログ]

以上になります。
みなさんには、これらの豚カツ屋にぜひ!といった感じですし、
みなさんのイチ押しのトンカツ屋があれば、ぜひ教えてください。

かつ壱とんかつ / 目黒駅

昼総合点★★★★ 4.0

変わり種、赤貝を使ったなめろう!簡単レシピ

醤油と同じ原料の味噌を使うなめろうの素材には、刺身類ならなんでもいけると思うんです。

今回は、貝類から、赤貝を使ったなめろうをご紹介!

11024153_1423689167925148_500233140_n

<材料>
・赤貝
・白ごま
・大葉
・ねぎ
・しょうが
・味噌
・醤油

<作り方>
まな板の上で、
赤貝、大葉、ネギを細かく切ります。
そこに、
生姜をすって乗せます。(チューブ入り生姜でもOK。)
白胡麻も乗せます。
最後に、
味噌も乗せて。
お好みで、醤油も入れたい方はたらしてください。
そうしましたら、
包丁でたたきます。
包丁の腹で、具材を混ぜ合わせる/味噌を全体に行きわたらせる、といった感じでしょうか。

これだけです。
分量のバランスはお好みで、といった感じで。
自分好みの味付けを見出すことが醍醐味かと。
ちなみに、
私の好みは、ゴマと大葉を多めに入れることです。

まな板の上だけで完成するので、本当にカンタンです。
みなさんも、ぜひ作ってみてください!

“赤貝 なめろう”で検索してみたら、
「満天青空レストラン」で紹介されていました。(たまに見てます。)
http://www.ntv.co.jp/aozora/recipes/2015/01/post-1181.html
これはまた、僕のレシピとはちょっと違いますが。

以前に当ブログで紹介した、アジのなめろうのレシピはこちら。

アジ・イワシ・サンマの刺身を使ったメニュー、なめろうのレシピ

ちなみに。この日、つまみに合わせたお酒は、
春限定のうすにごり純米吟醸・生酒の「うきうき 山本」でした。
秋田 白瀑 純米吟醸生原酒 山本 720ml
Amazonで「山本」純米吟醸を探す
楽天市場で「山本」純米吟醸を探す