フライパンで簡単、鯖(さば)の西京味噌煮の、調味料の配分の黄金比


サバの味噌煮は、
煮汁が、白っぽくて、こっくりしていて、甘みはあるんだけど甘すぎないのが、
個人的には大好きです。
そんな煮汁にするための、調味料の配分の黄金比を究めたので、
ご紹介します。

まず、
レシピの詳細は、「クックパッド」にアップしたので、ご覧ください。
http://cookpad.com/recipe/3748204
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:3748204で検索してください。)

煮汁の調味料の分量は以下になります。

(2人前)
水・・・150cc
日本酒(料理酒)・・・大さじ3(45cc)
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
西京味噌(水飴<糖分>が配合されたもの)・・・大さじ3
赤味噌(濃い茶色の味噌)・・・大さじ1

煮汁のところからの作り方、ポイントを、かいつまんで説明します。

最初に、水と日本酒とみりんを沸騰させます。
これは、アルコール臭を飛ばすためです。

鯖をいれたらスグに、
味噌を入れた器に、煮汁を入れて、味噌を溶いて、
その汁をフライパンに戻します。

キッチンペーパーやアルミホイルを落し蓋にする際は、
穴を適度に開けないと、ふきあげられて蓋の役割を果たさないので、
穴を開けるのを忘れずに。

煮終わったら、
先に鯖を器に盛り付けます。
その時点でのフライパンの煮汁の粘度をより濃くしたいようでしたら、
強火にして水分を飛ばします。
お好みのとろみ加減になったら、
煮汁を鯖の上に回しかけます。

ポイントとしては・・・
西京味噌に糖分が入っているので、砂糖は、他のサバ味噌のレシピと比べると少ない分量だと思いますが、少なめで大丈夫です。

西京味噌だけだと塩味のパンチが弱いと思うので、
もう1種類、別の赤系の味噌も、
西京味噌3:赤味噌1のバランスで使うのがベストです。


写真の、この色味とこのこってり具合、これが自分のベストなイメージで・・・、
まさにその通りに出来上がったのが、この分量です。

みなさんも、ぜひ!
お酒がすすみますよ!



Instagram instagramやってます。ぜひフォローしてください!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*