横浜・野毛の焼鳥・御三家のひとつ「若竹」は2号店がオススメ

12月になると、“食べ納め”したくなります。
・・・その年に印象的だった食事について、感謝の意味も込めて、再度食べに行く・・・
みなさんはどうですか?

その1つが、焼鳥の「白レバー」でした。
候補店はいくつかありましたが、
野毛というエリア自体への感謝も込めて、(今年が野毛デビュー)
こちらに再訪。

横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

若竹 弐 (わかたけ に) – 桜木町/焼鳥 [食べログ]

何はともあれ白レバーを。

写真 2014-12-13 18 08 39

口に含んだ時のねっとり感に、レバー特有の香りもわずかにあって、タレの味をまとって…、
このバランスが最高です。

他にもフルコースばりに味わいました。

すきみ(=首肉=せせり)は、
脂がちょうどいいバランスで。

写真 2014-12-13 18 04 12

うずら串は、黄身が半熟です。
アクセント的におすすめ。

写真 2014-12-13 18 20 04

手羽先は、香ばしさがバツグン。

写真 2014-12-13 18 54 50

つくねは、塩でクセのある味なんですが、
お酒にバッチリ合います。

お酒は、樽生ハイボールとレモンサワーを。

写真 2014-12-13 18 01 09

焼鳥以外のつまみで、きつね焼きを。
ねぎたっぷりで、焼鳥との調和がとれた一品。

写真 2014-12-13 18 23 13

座ったカウンター席が、ちょうど焼き台の前で。

写真 2014-12-13 18 50 34

壮年な感じの大将の魂の手さばきも拝めて、グルーヴ感も最高でした。

さて、
実は今回も、最初に本店を覗いたのですが、満席で。
2号店に流れたら着席できました。
というわけで、
やはり本店の方が混むのかと。
歴史が長い分、常連さんが多いわけですからね。
その面で、「若竹 弐」がオススメです。

そして、
調べてみたら、本店は、メニューが無く基本おまかせだそうです。
(その風情も含めて本店の評価も高いわけですが、)
自分の好きなものを、というカジュアルさを求めるなら、「弐」に限りますね。

しかしながら、僕は、とにかく本店に行ってみたいです。

みなさんも、2号店で白レバー、ぜひです!

写真 2014-12-13 19 18 48

写真 2014-12-13 19 25 36

若竹 弐焼き鳥 / 桜木町駅日ノ出町駅馬車道駅

夜総合点★★★★ 4.0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です