金色の下町ハイボールが飲める酒場 − 錦糸町駅「三四郎」

焼酎ハイボールを頼んだら、黄金色の飲み物が。
そんなあなたは大当たり!
それは、“下町ハイボール”と呼ばれる不思議な飲み物。

写真 2014-11-29 13 46 13

それが飲める、錦糸町駅にある酒場が「三四郎」です。

三四郎 – 錦糸町/居酒屋 [食べログ]

コの字形のカウンターは、白木で心地よく。
おかみさん(おばあさん)も、着物にエプロンでピシッとしてて心地よく。

ホント、どうしてこの色をしてるのか不思議に思うんだけど、
飲むと、不思議なままでいいやと思える。
そんな不思議なおいしいお酒。

みなさんも一度はぜひ!

鎌倉駅の穴場おすすめ蕎麦屋「鎌倉武士」

鎌倉駅から鶴岡八幡宮へ、
そこからさらに倍以上歩いて、
鎌倉宮という神社の脇の細い道を進んだところに、
「鎌倉武士」、“ぶし”と書いて“たけし”と読む、そば屋があります。
鎌倉駅から徒歩で25分ほどかかります。

この立地から、ただならぬ感は伝わると思いますが、
まず最初に驚かされるのが、店の雰囲気。

写真 2014-09-23 13 02 33

一軒家です。
古民家というわけでもない一軒家。

写真 2014-09-23 13 02 43

玄関を開けると、あれっ気配が・・・。

大将がひとりでやっているので、
厨房の奥にいると、玄関からは気配を感じられないのです。
靴を脱いであがっていって、“すいませーん”と大きな声で呼びかけましょう。

気付いてくれると、“荷物はここね”、“ここに座って”、“おすすめはこれ”と段取ってくれます。

玄関から、テーブルに着席する部屋までの一連の具合が、
友達の家に来たみたいで、
そして、大将の仕切り具合も相まって、
友達が不在の時に友達のお父さんに会いに来たみたいな風情で、
この感じ、唯一無二なので、
ぜひ体験してほしいです。

さて、蕎麦は、十割(とわり)です。

写真 2014-09-23 13 52 28

十割なのに全くボソボソしていなくて、のどごしがイイです。

写真 2014-09-23 13 20 11

“最初はつゆに付けずにそのまま食べてみて”と。
うん、これは!そば自体の風味・味、ホントにおいしいです。

今回は、蕎麦の前に、蕎麦味噌で日本酒を。

写真 2014-09-23 13 08 46

最高でした。

みなさんも、ぜひ!
“アトラクション系蕎麦屋”ですので。

サリ麺を使った簡単レシピ、パクチーのせ炒め麺

鍋の季節になり、サリ麺を常備してます。
毎度、「カルディ」で買って。

鍋の〆でばかりも飽きてくるので、
今回は麺料理を作ってみました。

写真 2014-11-18 21 13 38

<材料>
・サリ麺(袋麺なんでも)
・パクチー(香菜/シャンツァイ/コリアンダー)
・豚ひき肉(鶏ひき肉でも)
・チンゲン菜(小松菜やネギでも)
・バジル
・桃屋の「味付榨菜」(ザーサイ)
桃屋 ザーサイ 100g
Amazonでザーサイを探す
楽天市場でザーサイを探す

・カシューナッツ
S&B 菜館 カシューナッツ 25g×5個
Amazonでカシューナッツを探す
楽天市場でカシューナッツを探す

・ごま油
・塩
・こしょう
・醤油
・花椒パウダー
S&B 菜館 花椒(パウダー) 12g×10個
Amazonで花椒パウダーを探す
楽天市場で花椒パウダーを探す


バジル、ザーサイ、カシューナッツ、花椒は、マストではありません。

<作り方>
菜物やナッツを、切ったり・ちぎったり・砕いたりしておきます。

最初に、フライパンで、豚ひき肉とバジルを炒めます。
こしょうなどで軽く味付けしておきます。

次に、サリ麺をゆでます。ゆで加減はお好みで。
タイミングが来たら、お湯を切らずに、鍋ごと脇に置いておきます。
(サリ麺は、お湯を切ると極端にパサつくので。)

最後に炒め合わせます。
フライパンにゴマ油をひいて、まず、チンゲン菜を炒めます。
火が通ったら、ゆでたサリ麺を入れます。ゆで汁をまとった状態で入れて構いません。
続いて、ザーサイ、最初に炒めておいた豚ひき肉バジル、カシューナッツも入れます。
(=パクチーを残してそれ以外全てを炒める。)
そして、塩と醤油と花椒を入れて、好みの味に仕上げます。

炒め焼いたらお皿に盛って、上にパクチーをのせて、完成です。

サリ麺は伸びないということで、パサッとした具合がツボです。
サリ麺とパクチーが大好きな僕にとっては最高の組み合わせです。

みなさんも、ぜひ作ってみてください!

ところで。
料理と合わせたお酒…日本酒「信濃錦」、これがまたうまいです!

稲田堤駅・多摩川河川敷の休憩茶屋「たぬきや」は看板猫もいる酒場

2014年の夏に発売された「dancyu」の吉田類と酒場の特集号でフィーチャーされていて、これはグルーヴ感ありそうだなとアタックリストに入れていた酒場に、
もうすぐ冬という季節になってしまいましたが、ようやく行ってきました。

たぬきや 稲田堤 – 稲田堤/居酒屋 [食べログ] – 川崎市

JR南武線の稲田堤駅を出て、
(京王稲田堤駅からはまずJRの稲田堤駅まで向かって、)
多摩川の方、北に向かって道を進むこと、5分ほど。
河川敷の方へ横断歩道を渡るために土手をあがると、右手に小屋が見えます。
それが「たぬきや」です。

写真 2014-11-15 14 16 51

いやぁ~、雰囲気があって。

写真 2014-11-15 14 15 28

お酒は、生ビールもあります。
サワー系は、炭酸にハイサワーが使われています。

写真 2014-11-15 14 31 37

煮込みが、意外や本気でおいしいです。
おでんは、これからの時季はテッパンですね。

写真 2014-11-15 14 45 21

おしんこは、並盛りと小盛りが選べて、小盛りにしたのですが、
それでもボリューミーでした。

さて、
小上がりの座敷席の一角に、ネコ用の寝床やらグッズが。
よく見ると、茶トラのねこが!
その脇のテーブルには先客が座ってました。イチバン人気の席なんだろうなぁ。
女将さんに名前を聞くと、通称“ちゃちゃ”こと“ちゃちゃまる”だそうです。

ちゃちゃまる、気まぐれに店外に出たところをパシャリ。

写真 2014-11-15 15 35 14

閉店時間が気まぐれ・・・冬場は特に早いそうです・・・なので、
昼酒に利用するのが吉かと。

写真 2014-11-15 15 36 16

飲んだ後は、河川敷を橋と橋のあいだ1ブロック分、散歩しました。

写真 2014-11-15 15 49 26

散歩の途中からは風が冬の様相に。
冬の始まりですね。

みなさんも、「たぬきや」でおでんとお酒を、ぜひぜひ。

山梨・勝沼ぶどう郷駅のワインカフェ「カーサ・ダ・ノーマ」

旅行じゃないと行かないところというのを踏まえて、
一帯がぶどう畑という“こんな土地があるんだ”感、
ぶどう畑の中に“こんなオシャレなレストランがあるんだ”感。
・・・そんなサプライズ感たっぷりの、カフェみたいな食事メニューと一緒にワインが飲めるお店です。

カーサ・ダ・ノーマ (Casa da Noma) – 勝沼ぶどう郷/カフェ [食べログ]

10月の、体育の日の3連休で、上高地トリップをしてきました。

写真 2014-10-12 13 46 08

その旅程で立ち寄りました。

ワイナリーを営んでいる「原茂ワイン」の園内にあります。

写真 2014-10-13 14 18 42

写真 2014-10-13 14 19 26

昔の蚕室を改装したそうです。
(林真理子ブログより → http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/201208/article_35.html

写真 2014-10-13 14 27 34

2階にあるんですが、窓からの景色も含めて、雰囲気はバツグンです。

ワインは、フレッシュな味の銘柄が多いように思います。

写真 2014-10-13 14 32 49

赤でも渋みがなかったです。
おいしいです。

そして、ワインに合わせるおつまみも秀逸です。

こちら“パンの気まぐれブランチ”というメニュー。

写真 2014-10-13 14 37 45

てんこ盛りで、コスパ最高です。

野菜に、パンに、チーズに、ソーセージにと。

写真 2014-10-13 14 34 33

写真 2014-10-13 15 01 28

ワインがすすみました。

〆にぶどうのタルトも食べて、フルコースとなりましたー。

写真 2014-10-13 15 43 42

訪問にはちょっとハードルが…。
まず、4月から11月いっぱまでが営業期間です。
冬は閉まってしまいます。
営業時間が、11時から夕方の17時までです。
ランチ、遅めのランチ、カフェとして考えてください。
勝沼ぶどう郷駅からのアクセスは…
歩くと30分ぐらいのようです。
市民バスで、最寄りのバス停まで行って(所要時間5分ほど)そこから歩くとスグです。が、バスの本数が少ないです。
タクシーで5分ほど。これが便利かと。

僕が行った時は、雨の日で、
・・・これまた、林真理子と同じシチュエーションで(笑) → http://hayashi-mariko.kireiblog.excite.co.jp/201408/article_29.html ・・・
12時半ぐらい電話をしたら“ウェイティングの人がいる”とのことでしたが、
13時半頃に着いた頃には待たずに座れて、のんびり過ごすことができました。

旅で味わうのにピッタリな時間です。
みなさんも、中央線の旅に出た際にはぜひぜひ!

お正月(年末年始)用の贈答(お土産)には日本酒

気付けばもうすぐ、クリスマス/年末年始/お正月ですね。
この時期になると、
お酒の需要が高まりますよね。

僕も、正月の帰省時に、お酒を買って帰る(or事前にネット注文して宅配便で送っておく)のですが、
今年もそれ用のを調べていて、
おもしろいお酒を見つけました。

その名は「色おとこ」!
“日本酒界のロマネコンティ”という触れ込み。

色おとこ|蓬莱・渡辺酒造店

ネーミングだけでなく、
岐阜県・飛騨で明治3年から続く蔵元「渡辺酒造店」が醸した純米大吟醸ということで、
これは味も期待できそうです。

さらには、“ホストクラブ御用達”という触れ込みも。
みんなで飲む、話のネタ的にもイイですよね。

日本酒、僕は大好きなんですが、
まだまだ飲まず嫌いな人って多いと思うんです。
そういう人に対してこういう切り口から入門してもらうのってアリだと思うんですよね。

ところで、「渡辺酒造店」のこのネット通販サイト、
1万円以上の商品購入で送料が無料になるんですが、

“送料一律750円 10,800円以上お買上げで送料無料!!”

売ってる商品がお酒だけじゃなくて、ラーメンも!

酒蔵おかみのお夜食〆ラーメン|蓬莱・渡辺酒造店

お酒のつまみも売ってくれているので、トータルで購入できて、
それで結果送料無料まで届いたら、得した気分になれますよね。

さて、そろそろ、年末年始の準備を始めないとですよね。
何かと買うものとか出てきますよね。

上野駅の下町酒場「大統領」で昼酒を飲む!

上野駅と言えば、昭和酒場のメッカですよね。
でも、僕、今回が初体験でした。
よく聞くので名前は記憶していた「もつ焼き 大統領」へ。

このお店、上野駅スグのところに、
通りを挟んではす向かいに本店と支店があります。
今回は支店へ。

もつ焼き 大統領 支店 – 上野/居酒屋 [食べログ]

支店が別名“副大統領”というのも、オヤジくさくてイイですよね。

見てください!1階のこの長ーーーいカウンター席。

写真 2014-09-28 15 57 51

ライブ感・グルーヴ感最高です!

通されたのは、テーブル席がメインの2階席。

この日は日本酒を。
名物の煮込みで。

写真 2014-09-28 16 11 59

ここの煮込みは、モツに馬の肉を使っているのが特徴で、
臭みが強いですので、好みによってはご注意を。

イチバンおいしかったのが、
“ギッシュ”という名前の、首の周りの脂身を使ったもつ焼き。

写真 2014-09-28 16 22 45

口の中にブワッと広がる具合が。

2杯目にレモンサワーを、

写真 2014-09-28 16 47 34

旬のサンマの塩焼きもいただいて、

写真 2014-09-28 16 56 31

昼酒…夕方ぐらいでしたが…フィニッシュ。
至福でした。

店内のこの雰囲気、一度は味わわないと、人生損ですよ。
みなさんもぜひ!

横浜・野毛は3大焼き鳥屋がおすすめ~「若竹 弐」と「伸喜(㐂)」~

桜木町って、改めて・・・
駅を出て、海側に行くと、オシャレなベイエリアで、
山側(野毛山)に行くと、ガラッと変わって飲み屋街というのが、
・・・魅力的ですよね。

さて、そんな野毛に、焼鳥屋は数あれど、
“三大焼鳥店”と呼ばれる人気のレジェンド店が。
・「末広」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000551/
・「若竹」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000548/
・「伸喜」 http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14000552/
です。

最近、このうちの2つを開拓したので、レポートします。

夏の終わりの日、「若竹」にアタックしようと、17時過ぎに扉を開けたら、
“18時からです”と。
そして、他の店で時間を潰して、
18:00の少し前に再訪したら、なんと既に満席!

そうなんです、
これらの店全てに共通して言えるんですが、
開店時間の、遅くとも15分前から並んでおかないと、満席になります。
1順後以降を狙うなら話は別ですが、
そうなると売り切れメニューが出てくるので、
初回1発目の訪問で最高の満足度を得たいなら、開店30分前からお店の前で様子をうかがいながら待つことをオススメします。

満席で困ったなぁと辺りを歩いていると、小道に焼鳥屋を発見して、
覗くと“空いてますよ”と、そして“「若竹 弐」”と看板に!
そうなんです、「若竹」には2号店もあるので、
http://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14033544/
アタックチャンスは広がります。

「若竹」の2号店、この日は屋外のテーブル席で。

写真 2014-09-27 18 08 44

白レバーがあります。

写真 2014-09-27 18 45 57

ねっとり感がおいしいです!

鶏を使った煮込みもあって。

写真 2014-09-27 18 16 22

お酒がすすみます。

お酒のメニューには、バイスサワーもあって。
好きなんです~、コレ。

写真 2014-09-27 18 08 12

ちなみに、
お通しが、うずら月見大根おろし。
これ、焼鳥の箸休め的に最高ですよね。

お会計をお願いするとサービスで〆に、鶏だしのスープが。

写真 2014-09-27 19 14 50

いやぁ~、〆も最高です。

大衆的な雰囲気だけど、料理/サービス的にはしっかりツボを押さえた王道の焼鳥屋だなぁ、という印象です。

写真 2014-09-27 18 21 13

写真 2014-09-27 18 02 42

つい先日、「伸喜」へ。
実は、ここは、17:00より数分過ぎに訪れて満席というのを2度経験してきたので、ようやくです。
今回は、
16:45にお店の前に行くと、ひとり並んでる方がいて、その後ろに並んでいたら、
16:50ぐらいには女将さんが“どうぞ”と入店させてくれました。

写真 2014-11-08 18 18 28

ここでは、かわとなんこつに感動しました!
かわは、鳥皮のまわりの肉の部分も含んだカッティングなっています。

写真 2014-11-08 17 03 21

なんこつも、軟骨のまわりの肉の部分も含んでいて。

写真 2014-11-08 18 05 37

かわはカリッフワッ、
なんこつはコリッジュワ、
で、初めて経験するおいしさでした!

こちらは、店の雰囲気も(外観からして)、焼鳥の具合も、上品系です。
焼鳥と箸休め的なつまみしかない潔さで、会計が自然とリーズナブルに落ち着くという、上品系だけど大衆的で最高です!

写真 2014-11-08 17 06 20

写真 2014-11-08 17 13 54

写真 2014-11-08 17 36 35

2店で毛色が違うので、みなさん、両方ともマストですよ!

松本駅・松本城近くの「蕎麦倶楽部 佐々木」がおすすめ

今秋、上高地をメインに据えた長野県・山梨県への旅行をしてきました。
その道中、まず驚いたのが、松本駅の栄えっぷりでした。(自分の想像以上でした。)

そんな松本駅から、徒歩15分ほどのところ、松本城に近いエリアに、
ステキなそば屋を見つけました。

蕎麦倶楽部 佐々木 – 松本/そば [食べログ]

写真 2014-10-11 12 57 32

このお店で、衝撃の日本酒に久々に出会いました。
田中屋酒造店の「水尾」<淡風>です。

写真 2014-10-11 13 06 20 (1)

一瞬、水のような。
それは、アルコールが低めになっているからで、
でもそのあと日本酒特有のフレーバーもしてきて。
飲みやすくておいしいです。

水尾 純米吟醸 720ml
楽天市場で「水尾」を探す
Amazonで「水尾」を探す


合わせたのが、これまた変化球な、鴨肉入りの蕎麦味噌。

写真 2014-10-11 13 08 45

うん、濃厚でお酒に合います。

写真 2014-10-11 13 31 28

そばは、“最初は塩で”と言われて。
うん、これはずっと塩だけでもいけます。
蕎麦自体がおいしい。

写真 2014-10-11 13 01 02

味も、店内の雰囲気も、“倶楽部”感があって、
・・・店主が自分のこだわりのスタンスでやってます、的な・・・
オススメです、ココは!

みなさんもぜひぜひ。