うすいえんどう豆ごはん、レシピのポイント

うすいえんどう豆ごはんの作り方のポイント

うすい豆を使った豆ごはんのレシピを、
「クックパッド」にアップしました。
レシピID“5074066”で検索してください。

いろいろ研究したのですが、
味・見た目的にベストに仕上がるポイントは、
うすいえんどう豆を、米と一緒に炊かずに、別で茹でることです。
一緒に炊くのが醍醐味だとは思うのですが。

別に茹でることで、豆をベストな食感に仕上げることができます。
茹でる時にもう1つのポイントが。
茹でたらお湯を切らずに、
炊きあがったごはんと混ぜるまで、そのお湯に浸けておきます。
こうすることで、豆がシワシワになりません。

米と一緒に炊くと、
豆がグチャっとし(やわらかくなりすぎ)たり、
シワシワになって見た目に美しくない仕上がりになる可能性が高まります。

豆を別に茹でると、手数としては増えますが、
炊いてるあいだに茹でられるので、所要時間としては増えません。

みなさんも、ぜひ一度、この方法で作ってみてください。
バッチリ決まった!っていう見た目と味になります。

えんどう豆と、うすい豆と、グリンピース

うすいえんどう豆ってグリンピースとほぼ同じビジュアルですが、
何が違うんだろうと思って調べてみました。

まず、大きな括りとして、
エンドウという植物があって、その実を「エンドウ豆」と呼びます。

えんどう豆の品種として、
「グリンピース」や「うすい豆」と分かれている、
というわけになります。

うすいえんどう豆は、グリンピースよりも緑色が薄く、
味的にも青臭さがグリンピースよりも弱い感じです。
グリンピースが苦手という人は、
うすいえんどう豆で、いま一度、
豆ごはんを試してみる価値があると思います。

 

オレの好きな小麦ビール(白ビール/ヴァイツェン/ベルジャンホワイト)ベスト3

僕が、唯一、苦手なお酒、
それが、ニッポンのラガータイプのビールです。
いわゆる、アサヒ・スーパードライとかキリン・一番搾りとかサッポロ・黒ラベルとかサントリー・プレミアムモルツのような。
苦みがどうも好きになれないんです。

それもあって、
最近、苦みの少ない小麦のビールにハマっています。
白ビールとか、ヴァイツェン(ドイツ)とか、ベルジャンホワイト(ベルギー)とか色々な呼び方があって、狭義では種類が違うのかもしれませんが、
自分の中では全て同じもの、小麦系のビールとしています。

その中で、おすすめのBest3を紹介します。

1位:銀河高原ビール ヴァイツェンボック(WeizenBock)

小麦を通常品よりふんだんに使用しているということで、
リッチなマイルド感があります。
さらに、甘いフレーバーも豊かで、鼻と口と喉で飲みやすさと華やかさが味わえます。

2017年12月に発売された限定品ということで、毎年の発売、と言わず通年でのレギュラー化を期待したいわけですが、
仮にそうならなくても、3位で紹介しているレギュラー商品でも十分に満足できます。
銀河高原ビールは、小麦ビールに強みがありますね。

2位:THE軽井沢ビール 冬紀行

3位:銀河高原ビール 小麦のビール

 

小麦系のビールの中でも、逆に、個人的に“これは違うな”と感じたものもあって
・・・小麦は弱めでラガーのエッセンスが強い・・・、
それが、
ベアードビール(Baird Beer)の「Wheat King Wit」(ウィートキングウィット)と、

「グランドキリン」(GRAND KIRIN)の“WHITE ALE”(ホワイトエール)

です。

 

 

煮込み時間は1時間と簡単、みそ味の牛もつ煮込みのレシピ

寒い季節は特に、煮込みが食べたくなりますよね。


バシッと自分好みのもつ煮込みが作れたので、
レシピを「クックパッド」にあげました。

https://cookpad.com/recipe/4279821
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:4279821で検索してください。)

ポイントをいくつか・・・。

味噌は、
1種類でも構いませんが、
複数種使った方が味に深みがでます。

今回、
その1つに甘い西京味噌を使っているので、
砂糖の分量はその分控えめになっています。

牛もつは、
ホルモンの小腸がイチバン値段が高いですが、イチバンおいしいです。
全量小腸でも良いかと。
ただ、
アクセント的に他の部位が入っていても、それはそれでおしいです。

そして、
もつを買うなら、
アトレ川崎の「ニュー・クイック」がおススメです。

東京でもつが買える肉屋と、ホルモンの種類

みなさんもぜひ!

自宅で「天羽の梅」を使った【下町焼酎ハイボール】を

言わずもがな、下町焼酎ハイボールは大好きなわけですが・・・、

“ネオ酒場”というジャンルになるのでしょうか、西小山駅の「タヰヨウ酒場」で、
焼酎ハイボール(下町エキス入り)を飲んだのが、印象に残って、


今回、自宅で作ってみようと思ったのでした。

まずは、
そのエキスである「天羽の梅」を、ネットショッピングするところからなのですが、
ご覧の通り、3種類あります。

何も考えなければ、ボール用の赤ラベルを買うところなんですが、
「タイヨウ酒場」の焼酎ハイボールが、明らかに色が濃かったんですよね。
これは赤ラベルではないと思い、
狙って青ラベルを買いました。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-28-21-35-50

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-28-21-36-19

金宮焼酎とはもちろん、トリスウイスキーなどとも、
さまざまな比率で割って混合液(焼酎ハイボールの素)を作りました。

その中から、これは・・・

・・・キンミヤ焼酎:天羽の梅を2:1で合わせた混合液を、混合液:炭酸=1:1で割ったものです。
この色味と味わいは、「タヰヨウ酒場」で飲んだものと一緒です。
「タイヨウ酒場」はやっぱ青ラベルを使っているかと。

浅じめにできる!自家製〆さばの簡単90分レシピ

酸っぱいしめ鯖が苦手です。
そうなると、自分で作るしかないと思って、作ってみたら、
意外や、想像よりはカンタンでした。

レシピは、「cookpad」にアップしました。
こちらをご覧ください。
http://cookpad.com/recipe/4012922
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:4012922で検索してください。)

写真 2016-08-08 20 07 00

“〆る”って、
酢に漬ける意味じゃなくて、
塩に漬けて水分を抜く意味だそうです。
まず、大量の塩をまぶして、60分、漬けます(水分を抜きます)。
そのあと酢に漬けるのは、
殺菌も兼ねた味入れの意味だそうです。
こちらは30分から。
そう、浅じめにしたい(酸っぱくしたくない)場合は、30分で十分です。

サバは、最初っからパックに入ったやつではダメです。
魚屋でおろしてもらったやつ…、その鮮度がマストです。

みなさんも、ぜひ作ってみてください。

残ったフレンチマスタードを消費するための簡単手作りドレッシングのレシピ

フレンチマスタードって、
サンドイッチを作る時に、パンに塗ったり、
フライ物(ポテトやチキン)の、添え物として、
しか使い道が思い付かなかったんですよね。
そこで、
冷蔵庫で残り物になっていたフレンチマスタードを消費しようと考えた結果、
ドレッシングのレシピを考案しました。

レシピは、「クックパッド」にアップしたので、ご覧ください。
http://cookpad.com/recipe/3861910
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:3861910で検索してください。)

fmd01

材料の分量が肝なので、転記すると・・・。
フレンチマスタード:小さじ1
オリーブオイル:大さじ1.5
白バルサミコ酢:大さじ1.5
塩:小さじ1/4
黒こしょう(ブラックペッパー):ミル3~5回転

フレンチマスタードドレッシングの完成量ですが、
どれほどのサラダの分量に使えるかと言うと、
コンビニやスーパーに売ってる普通のサイズのパックサラダ、イコール、直径15cmほどのサラダボウルに入れたサラダで、
3皿分ほどです。

fmd02
(この日は、直径20cm強の平皿にこんもり盛ったサラダにかけたので、
2皿分となりました。)

フレンチマスタードの、甘みが感じされて、酸味が心地よい、おいしいドレッシングになりますので、
みなさんもぜひ作ってみてください。

釜揚げしらすは洋風料理に、簡単おすすめパスタのレシピ

釜揚げしらすって、
魚の時点で、和の食材なわけですが、
釜揚げしらすを使った和食のメニューって、
個人的には、ご飯の上に乗せたり(丼)、豆腐の上にかけたりぐらいしか思い浮かばないんですよね。
なので、
洋食に使うのがオススメなんです。

今回は、パスタを作りました。
レシピは、「クックパッド」にアップしたので、ご覧ください。
http://cookpad.com/recipe/3820392
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:3820392で検索してください。)

12912340_1038653286206839_479515462_n

材料だけ転記を。
・スパゲティー
・釜揚げしらす
・トマト
・大葉
・イタリアンパセリ
・にんにく
・鷹の爪
・オリーブオイル
・白ワイン
・粉チーズ
・塩

個人的なポイントとしては・・・
今回はあえてしなっとさせたくて、序盤に大葉とイタリアンパセリを入れましたが、
より香りの引き立ちを求めたい場合は、最後に入れるのもアリだと思います。
粉チーズも同様で、しっとりしない方が好みの場合は、お皿に盛った最後にふりかけるのもアリかと。

みなさんにもぜひ試してほしい一品です!

会食に使える銀座のお店で、かつ、ミシュラン1つ星の「ぎんざ 一二岐(いぶき)」

婚約での両家の顔合わせ食事会ということで、
自分たちとお互いの両親なので、人数は計6名、
6名対応の個室があって
立地もよくて、そこそこリッチなお店、
そんな条件のレストランを探した際に、
なかなか見つかりませんでした。

特に、6名の個室というのがネックになりました。
いいなぁと思ったレストランでも、
個室が4名対応のみというところが多かったんです。

そんな中見つけた、
6名対応の個室があって、
場所は銀座(最寄駅は東銀座駅)で、
ミシュランガイドで星を獲っている、
バッチリ使える和食のお店を紹介します。

「ぎんざ 一二岐」
http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131301/13115557/

ibuki01
雑居ビルの地下一階に入っているので、
エントランスから風情があるという要望だけは満たしてくれません。
が、
そこ以外はホントに大満足のお店です。

ibuki02

土曜のランチタイムに利用しました。
(日曜は休業日です。)
ランチタイムの、コースの中では5000円が一番安いミニ懐石というもので、
それをいただきました。
緊張感もありつつ、トークがメインなので、
5000円のコースでも、満腹になれました。

かつおのわら焼きがお店の逸品のようで。
ibuki05
塩で食べるのですが、全く臭みは無くて、
納得のおいしさでした。

椀ものの器が、
蓋に東海道五十三次の絵が描かれていて、
ibuki04
これが6人とも違う絵になっているわけです。
これは、“こっちは大磯だ”“こっちは藤沢よ”と盛り上がれて、
ナイスでした。
中は、金目鯛と舞茸の汁でした。

コースは、
ごま豆腐の揚げ出しからスタート。
ibuki03
この日は、お酒は日本酒を飲みました。

次に、上述の汁椀と鰹の藁焼きが続いて、
その後に、柳葉魚のフライです。
ibuki06
これがイチバンのツボでした。
身が大きくて、マヨネーズみたいなソースがこれまたおいしくて。

ご飯の前の最後の料理は、聖護院大根の蟹あんかけ。
ibuki07

ラストは、山形“つや姫”新米の土鍋ごはん。
ibuki08
ちりめん山椒や香の物といった、小ワザがさすが。

最後、おこげを作ってくれて。
ibuki09

〆の甘味は、くるみ入りわらび餅でした。
ibuki10

いやぁ~、大満足でした。

銀座で、6名個室の、ランチ会食、
みなさんもぜひ使ってください!

「ぎんざ一二岐」公式ホームページ
http://www.ginza-ibuki.com/

魚屋もサードウェーブ系?!都立大学駅のオシャレな魚屋「sakana bacca(サカナバッカ)」

ひと駅隣りの都立大学駅前にシャレオツな魚屋があると聞いて、
日曜の昼下がり・・・
学芸大学の「totorot(トトロ)」で、
http://tabelog.com/tokyo/A1317/A131702/13191119/
ガレットランチをした後に、
12905008_1223400791022050_307758330_n
歩いて行ってきました。

それがコチラ。
写真 2016-03-27 13 54 02
「sakana bacca 都立大学店」
白塗りのコンクリートのビルの1階、
マリンブルーの看板、
ファサードは木枠にガラス。
でも、
店内は、いわゆる昔ながらの魚屋の体裁です。

晩メシに何を作ろうか悩んで、
発泡スチロールのトロ箱に入った鯵をカゴに入れて、窓口で渡して、
3枚おろしにしてもらって、買って帰りました。

お店の特徴としては・・・
・冷蔵ケース内の一匹ものの魚は、半身から売ってくれる。
・魚を使った惣菜(タコのトマト煮がおいしそうだった)や、ちらし寿司といった物も、少し置いてある。
・一匹ものの魚について、3枚おろしまでは無料でおこなってくれる。
・刺身用のカットも有料でおこなってくれる。
・毎日営業している。
・・・こんなところでしょうか。

感じたのは、
こういう魚屋が増えれば魚の消費量も増えるのになぁ、
ということ。
そして、
このお店、調べてみると、
ネットベンチャーに近いような会社が始めた店舗で
http://foodison.jp/
自分の感じたことをまさに体現しようとしてるのかなぁと。

「サカナバッカ」ですが、
城南地区に複数店舗あります。
http://sakanabacca.jp/
みなさんも、ぜひ一度行ってみてください!

それで、
買った3枚おろしの鯵は、アジフライにしたのでした。
写真 2016-03-27 19 12 13
当たり前ですが、惣菜屋のとは格段に違って、
めちゃくちゃおいしかったです!
さっきまで一匹のままでいたやつの捌きたては旨さが違いますね。

東京でもつが買える肉屋と、ホルモンの種類

デパ地下の肉屋に行っても、いいホルモンって置いてないんですよね~。
どこに売ってるかと調べてみたら・・・

以前は、東急プラザ渋谷の中の、ニュー・クイックという会社の「渋谷ホルモン」という精肉店で、種類も豊富に扱っていたそうなのですが、
東急プラザ渋谷は2015年に閉館。無念。

しかし、
そのニュー・クイックの別店舗で、ホルモンのラインナップが熱い、とのこと。
それが、神奈川県の川崎駅、アトレ川崎のデパ地下にある肉の専門店、その名も「ニュー・クイック」です。
http://www.atre.co.jp/store/kawasaki/shop/detail/1119

“東京で”と言っておきながら、神奈川県川崎市にはなるのですが、
川崎駅へのアクセスはもはや都内みたいなもんですし。

早速、そこに行ってホルモンを買った時に、店頭で思ったことが・・・
“いろいろな名称が付いてるけど、どの部位を指してて、どういう特徴が?”と。

そこで、調べましたので、まとめておきます。

小腸 = マルチョウ(丸腸)やコプチャンと呼ばれる
大腸 = シマチョウ(しま腸)やテッチャンと呼ばれる

腸の入り口部分が小腸で、直腸に近い方が大腸になります。
なので、
小腸の方が、腸皮が薄く、脂が乗っています。
小腸を裂かずにに筒のままカットした見た目からマルチョウと名前が付いたわけですが、裂かれていてもマルチョウと呼ばれます。
皮は直腸に近づくほど厚くなるので、
大腸は、小腸と比べると、皮は厚く、脂も少ないです。
少ないと言っても、内臓肉の他の部分と比べると、圧倒的に脂分は多いです。
シマチョウと呼ばれる由来は、皮がしま模様をしているところにあります。
テッチャンという呼び方は、韓国語で、“テ”が“大”、“チャン”が“腸”を表すところに由来します。

脂の多さ・皮の薄さからいくと、小腸の方が高級な印象ですが、
「ニュー・クイック」では、大腸の方が値段は高かったです。
それは、大腸の方が脂分のバランスが良いというイメージと、
単純に、牛1頭から取れる量が、小腸は10kg程度に対して、大腸は1kg程度という希少性があります。

直腸=テッポウ

開いた形が鉄砲に似ているため、直腸はこう呼ばれます。
皮がかなり分厚いので、焼肉には向かず、煮込み用の部位です。

牛には4つの胃袋があって、順に、
第一胃袋 = ミノ
第二胃袋 = ハチノス
第三胃袋 = センマイ
第四胃袋 = ギアラ

胃と腸だけですが、以上になります。

今回作ったもつ煮込みがこちら。
tumblr_o44zrwnQso1retn05o1_1280
マルチョウとシマチョウの両方を入れました。
味付けは、まだまだ改良の余地アリですが、
ホルモンの下処理は・・・
———-
鍋で、お湯を沸かし、その中にモツを入れて煮る。
途中、浮いてきたアクを取り除く。
10分煮たら、モツはザルに取って煮汁は捨てる。
これをもう一度繰り返す。
3回目は、ネギの青い部分と生姜を入れてお湯を沸かし、
その中で、15分煮る。
———-
・・・成功しました。

フライパンで簡単、鯖(さば)の西京味噌煮の、調味料の配分の黄金比

サバの味噌煮は、
煮汁が、白っぽくて、こっくりしていて、甘みはあるんだけど甘すぎないのが、
個人的には大好きです。
そんな煮汁にするための、調味料の配分の黄金比を究めたので、
ご紹介します。

まず、
レシピの詳細は、「クックパッド」にアップしたので、ご覧ください。
http://cookpad.com/recipe/3748204
(「クックパッド」上での検索では、レシピID:3748204で検索してください。)

煮汁の調味料の分量は以下になります。

(2人前)
水・・・150cc
日本酒(料理酒)・・・大さじ3(45cc)
みりん・・・大さじ3
砂糖・・・大さじ1
醤油・・・大さじ1
西京味噌(水飴<糖分>が配合されたもの)・・・大さじ3
赤味噌(濃い茶色の味噌)・・・大さじ1

煮汁のところからの作り方、ポイントを、かいつまんで説明します。

最初に、水と日本酒とみりんを沸騰させます。
これは、アルコール臭を飛ばすためです。

鯖をいれたらスグに、
味噌を入れた器に、煮汁を入れて、味噌を溶いて、
その汁をフライパンに戻します。

キッチンペーパーやアルミホイルを落し蓋にする際は、
穴を適度に開けないと、ふきあげられて蓋の役割を果たさないので、
穴を開けるのを忘れずに。

煮終わったら、
先に鯖を器に盛り付けます。
その時点でのフライパンの煮汁の粘度をより濃くしたいようでしたら、
強火にして水分を飛ばします。
お好みのとろみ加減になったら、
煮汁を鯖の上に回しかけます。

ポイントとしては・・・
西京味噌に糖分が入っているので、砂糖は、他のサバ味噌のレシピと比べると少ない分量だと思いますが、少なめで大丈夫です。

西京味噌だけだと塩味のパンチが弱いと思うので、
もう1種類、別の赤系の味噌も、
西京味噌3:赤味噌1のバランスで使うのがベストです。


写真の、この色味とこのこってり具合、これが自分のベストなイメージで・・・、
まさにその通りに出来上がったのが、この分量です。

みなさんも、ぜひ!
お酒がすすみますよ!

ベアードビール、メルボルンへ!

東京の中目黒と原宿、横浜の馬車道に「タップルーム」(レストラン)を営業している
ニッポンのクラフトビールメーカー『ベアードビール』

このメーカー、静岡県の修善寺に工場があって、
土日に工場見学ができます。
今年のお盆休み、見学日程が平日にも増えていたので・・・、


見学してきました。

写真 2015-08-13 14 29 07

見学では、ビールの製造工程を説明してもらったのですが、
詳細を忘れてしまったというのもあって(笑)、
写真のみ紹介しつつ、
印象に残ったところを紹介します。

写真 2015-08-13 12 57 02
原料の大麦麦芽。
様々な種類が。組み合わせが色・フレーバー・味の違いに。
写真 2015-08-13 12 58 17

写真 2015-08-13 12 35 25
原料のホップ。
押し固めたチップを使っているメーカーが多いが、
収穫した状態のままのホップを使うことにこだわっているとのこと。

写真 2015-08-13 12 33 37
麦芽を粉砕する機会

写真 2015-08-13 12 37 37
糖分がアルコールに変わるので、度数の高い銘柄には砂糖も混ぜるとのこと。

写真 2015-08-13 12 39 36
麦汁を煮出す釜
写真 2015-08-13 12 41 34

写真 2015-08-13 12 43 07
発酵前、麦汁の糖度を計る機械

写真 2015-08-13 12 43 48
発酵タンク

写真 2015-08-13 12 50 28
アルミ樽を洗浄して、できあがったビールを詰める機械

写真 2015-08-13 12 51 13
瓶詰めにする際の機械

写真 2015-08-13 12 51 38
瓶ビールの出荷ケース

写真 2015-08-13 12 54 08
水色の方はプラスチックの樽で、海外出荷用。(リターナブルではないので。)

ベアードの季節限定のフルーツフレーバーのビールが大好きなのですが、
“果実の下準備は、機械できないので、みんなで手作業でしている”と、
絞り器を見せてくれたり。

“材料まで全て国産のビールを作りたい”と、
“敷地内の庭で今年はホップを育てました”とか。

案内してくれた方の表情が印象的だったんですが、
好きで情熱を持ってビールを作っているんだなぁ、
と感じられました。

そして、最後に、
“ベアードビールのタップルームが、年内にメルボルンに出店する予定です”とのコメントが。
おぉっ!世界のベアードに!

写真 2015-08-13 13 07 58
奥もベアードビールの敷地で、
ホップが育っている畑も見えました。
飲んだのは、日本物語エール<梅のフルーツビール>です。

工場の建物は、1・2階が工場部分で、
3階が、ガラス張りで工場部分が見下ろせるようになっていて、
そこにタップルームがあります。
ここは、工場ゆえ料理を提供していない(ナッツ程度はある)ので、
食べ物が持ち込み自由というのも、これまた一興なんです。

ベアード・ブルワリーガーデン修善寺 – 修善寺/ビアバー [食べログ]

修善寺駅と三島駅のあいだは伊豆急行線で、
三島駅から東海道線で1駅の沼津駅、
沼津駅からバスで沼津港に行くと、
そこには、ベアードビールの「沼津タップルーム」が。

沼津フィッシュマーケットタップルーム (Numazu Fishmarket Taproom) – 沼津/ビアバー [食べログ]

写真 2015-08-13 18 50 53

今はレストランだけですが、
昔ここで醸造していたそうです。
「タップルーム」、店舗ごとにウリの料理が違うのですが、
ココでは、サバサンドを!

写真 2015-08-13 19 06 57

衝撃のうまさでした!
これを食べにわざわざここまで来る価値アリです!

みなさんも、『ベアードビール』、ぜひぜひ!